大地の芸術祭の里 越後妻有 2016秋

夏の瀬戸内国際芸術祭がすごく良かったので、秋会期にも行ければと考えましたが日程的に難しそう・・。それならばと車で簡単に行ける距離の越後妻有、「大地の芸術祭の里」に行ってまいりました。

出かけたのは10月。アップしようと思いつつも随分時間が経ってしまいました(汗)。


まず最初に訪れたのは越後妻有里山現代美術館[キナーレ]。

P1080936.jpg

P1080926.jpg

赤白青、3色がくるくる回る「Rolling Cylinder」。渦巻きの中を歩くと、目が回りそうな変な感覚になるのが面白くありました。

IMG_1353.jpg

カフェ&レストランもすごくオシャレで天井から吊るされた円形のオブジェが印象的。建物そのものがアート作品になっているそうです。


次は絵本と木の実の美術館。
瀬戸内国際芸術祭と違って、ここでは車が必須。展示が広範囲にバラバラとあるので、地図とアプリで場所を確認しながら巡りました。

P1080941.jpg

何となくおどろおどろしく見えてしまうのは、どんよりとした空模様のせいでしょうか・・。

P1080954.jpg

元々は小学校。「学校はカラッポにならない」という絵本の世界がそのまま美術館になっています。オバケがいたり、最後の在校生が授業を受けていたり。

IMG_1355_20161126213247f3d.jpg

この中にあるHachi Cafeでお茶タイム。教室をイメージさせる、かわいいカフェ。

P1080965.jpg

IMG_1358_2016112621324876b.jpg

娘オーダーの抹茶チーズケーキ。激しく緑色な見た目ですが、美味しかったです。グリーンマンのチーズケーキというような名前(あやふや)。

グリーンマン。

どこかで見たような・・。




P1080970.jpg



いました(笑)。


お茶している間に、雨が降り出し、そしてどんどん激しくなり。
それでも少し小降りになったのを見計らって、また次の場所に車で移動。

IMG_1362.jpg

移動中に発見した謎のふんどし集団。
この日いちばんツボにはまった作品でした。

まつだい農舞台に到着しても雨は降り止まず。周辺にある屋外作品も見たかったのですが、雨の中を歩くのも嫌なので、館内のみ見学しました。

P1080981.jpg

壁も、床も、机も、全てが黒板でできた部屋。棚の中にある地球儀も黒板!

P1080978.jpg

黒板だからどこに落書きしてもOK。部屋をぜーんぶ黒板にしちゃうなんて発想が素敵です。


この後も終日雨が降り続き大変だった訳ですが、それはまた次に書くことにしてその翌日。
相変わらずの曇り空、それでも雨は止んでくれたので、帰りがけにもいくつか作品を見ていきました。

P1090075.jpg

ここも廃校になった学校で、見た目からして怖い。娘曰く「富士急のお化け屋敷みたい」。うん、母もそう思うよ。そして中からは「ドクン、ドクン」という重低音でズシンと響くような音が漏れ聞こえてきて

「これ、聞いたことある。。。」と娘。

ハイ、正解です。この「最後の教室」は瀬戸内国際芸術祭で見た「心臓の音アーカイブ」と同じクリスチャン・ボルタンスキーの作品なのです。

中に入ると

P1090069.jpg

お化け屋敷以外のナニモノでも・・・いや、これはアート作品。しかし、廃校になった学校、暗幕で明かりを遮った真っ暗な廊下を巡るなんて、コワくないはずがないじゃないですか。

P1090074.jpg

すごい作品でした。ぜひ「心臓の音アーカイブ」とセットでご覧ください。



この後は一転してさわやかな屋外の「たくさんの失われた窓のために」

P1090076.jpg

P1090077.jpg

「ポチョムキン」

P1090080.jpg

P1090081.jpg

P1090084.jpg

を見て、帰路につきました。

瀬戸内国際芸術祭に比べると盛り上がりに欠けますが、アプリとスマホのナビでアート作品を巡るのはスタンプラリーみたいで楽しめました。何よりも気軽に行ける距離感だったのが良かったと思います。

2016瀬戸内国際芸術祭 レンタサイクルで豊島を巡る その2

からと港でレンタサイクルを借り、向かった先は「心臓の音アーカイブ」。その名のとおり、沢山の人の心臓の音がアーカイブされています。

P1080828.jpg

真っ暗な部屋で、心臓の音がドクン、ドクンと響いていて「怖いから早く出ようよ」と娘が言うのもわかります。でも、この後行った大地の芸術祭の里、同じクリスチャン・ボルタンスキーの「最後の学校」の方がもっと怖かったのよ・・・って話はまた次回に書こうと思います。

P1080826.jpg

登録料1,540円を払うと自分の心臓の音が録音でき、永久に保存されるそうです。

この島に世界の人々の心臓音がアーカイブされていることの不思議。死んだ後も、心臓音だけはここに残るのね。
・・・私は残さなくてもいいかな。。


P1080837.jpg

「勝者はいない マルチ・バスケットボール」で遊んだ後は、長い坂を上ること約10分(ぐらいだったような・・)、豊島美術館に到着です。

P1080843.jpg

まだ坂が続く道の左手に美術館、右手には棚田と海。ただただ、美しい。

P1080840.jpg

この日はすごく混んでいて、ネットで時間指定の入場券を買っていたにも関わらず、中に入るのにしばらく並んで待たなければなりませんでした。

順番が来て、コンクリートの半円のような真っ白い建物の中に入ると、そこは静まり返った広い空間。中にいる人たちは、寝転んだり、座ったり、思い思いの格好をしていました。



・・・・ここが美術館?!



美術館の中は撮影不可なので写真ではお伝えできませんが、とにかく私が知っている美術館とは全くのベツモノ、想像を超える驚きの空間でした。

建物の床からコロコロ湧き出て流れていく水が、様々な大きさの水たまりをつくりだしていく・・・それだけ、と言えば本当にそれだけで。でも何故か見ていて全く飽きません。

私たち、ここで小一時間ばかりごろごろ寝転がっておりました。
ランチの予約がなければずっとここにいたのではないかと思います。娘なんか「1日中でもいられる」と言っていましたから。




ランチを予約した食堂101号室は、豊島美術館から自転車で5分ほど。
島キッチンは混むけど、食堂101号室は穴場なんじゃないの?なんて思ってましたがそんなことはなく。私たちが着いた時にはかなりの人が並んでいました。

P1080859.jpg

その列を通り過ぎ「予約です」とスタッフに伝えると、並ぶ人から「ここって予約できるんだ?」なんて声が聞こえてきます。レンタサイクルの時もそうだったけど、こんなことで優越感を感じるなんて、なんてちっちゃいヤツなんだ、私(笑)。

P1080856.jpg

混んでいてもスタッフの対応は丁寧で、とてもいい感じ♪
案内されたのは縁側のちゃぶ台がある席。ラグと座布団がなんとも可愛い色合いです。

P1080848.jpg

季節のお野菜たっぷりのランチプレート、1,000円。おかずひとつひとつがしみじみと美味しい。

P1080852.jpg

娘は米粉のシフォンケーキもオーダー。ふわっふわで、あっという間に完食でした。


ランチのあとはまた自転車に乗り、帰りのフェリーに乗る家浦港へ向かいました。島キッチンのエリアから出てしばらくはまだ上り坂が続きますが、それが終わると後はずっと下り坂。自転車でちょうどよい距離感でした。

途中、娘に急かされながらちょこっとだけ寄り道。

P1080863.jpg

「唐櫃の清水」

P1080865.jpg

「空の粒子」

他にも見たい作品があったんですけどね。早めのフェリーで帰りたかったので断念しました。

成田⇔高松はジェットスターも就航しているし、次は会期以外の混んでいない時期に行ってみようかな。小豆島もいいよね、なんて。早くも次の妄想の旅が始まっています。

2016瀬戸内国際芸術祭 混雑期には事前予約を! レンタサイクルで豊島を巡る その1

瀬戸内国際芸術祭も秋会期が始まりましたね。
豊島は1日じゃ足りなかったので、もう一度行きたいなと思っていますが・・今度はいつ行けるかな。


私が豊島に行ったのは瀬戸内国際芸術祭、夏会期中のお盆休み。多分ピークであろう混雑期なので、可能なものは事前に予約しておきました。

豊島美術館の日時指定のWebチケット


豊島に行くなら豊島美術館は外せません。混雑期のみ、事前にWebチケットが購入できます。私は当日、11:30のチケットを購入しました。
ベネッセアートサイト直島Webチケット

レンタサイクル


豊島は男木島と違って広いので、移動には何らかの交通手段が必要です。私はレンタサイクルを使うことにしました。
豊島には家浦港、唐櫃港、2つの港があり、高松港からは両方の港に行く船が出ています。午前中に豊島美術館に行くなら、美術館に近い唐櫃港の方が便利そうなので、唐櫃港行きの高速船に決めました。

調べたところ、家浦には何軒かレンタサイクル店があるのですが、唐櫃には2軒のみ。着いたら借りる自転車がなかったなんて悲惨なことにもなりかねません。ネットの情報もなく、予約できるかどうか不明でしたがとりあえず「からと港レンタサイクル」に電話。電動自転車2台を無事予約することができました。

ランチ


豊島といえばレストランそのものがアート作品となっている島キッチン。でも会期中は整理券配布するほどの混雑のようです(実際その通りでした)。しかし会期中の予約は3名から受付ということで、予約は断念。島キッチンの近くにあって評判もいい食堂101号室をネットで予約しました。


豊島行き当日。
高速船やフェリーは30分前からチケットの購入ができます。予約はできないので早めに高松港に行って並びました。

P1080821.jpg

この芸術祭はボランティアの数が多いことに感心しました。要所には案内ボランティアの人たちが十分に配置されていて、迷うことはありません。並ぶ場所も指示してくれました。

P1080822.jpg

前日の男木島はフェリーでしたが、豊島へ行くのは高速船。フェリーと比べて小さな高速船は揺れるようで、船酔いを心配しましたが、私も娘も往復とも爆睡! あれほど心配したのに・・・まあ、良かったです。

P1080823.jpg

からと港レンタサイクルは唐櫃港のすぐ目の前。高速船で到着した人たちが自転車を借りようと、次から次へとお店に向かいます。しかし時すでに遅し。全ての自転車は貸出中、残っていたのは私たち母娘が予約した2台のみ。
「ダメダメ、君たち、予約ぐらいしなきゃ。オホホ」なんて、もちろん口には出しませんが、心の中ではちっぽけな優越感に浸っておりました。

IMG_1350.jpg

レンタサイクル店のおじちゃんが、地図にしゃしゃっと道順を書き込みながら説明してくれました。

「まず心臓行って、それからここ、バスケットボールね」

このおじちゃん、スゴイ!! しっかりアートの見どころを抑えつつ、自転車での効率的な回り方を教えてくれるんです。
私、豊島にくる前にどんな道順で回ればいいか、ガイドブックも読んだし、考えてたんですよね。それでもいまいちつかめなかった距離感や、どこに行こうか迷ってたのがおじちゃんの説明でスッキリしました。

レンタサイクルは電動で1日1,500円@1台。迷いましたが家浦港での乗り捨てを選択して、乗り捨て料金プラス300円を支払いました。

「島キッチンは10:30から整理券出すよ」
「お嬢ちゃん苺好き?家浦行ったらいちご屋さんで食べてって」

完璧なガイドで私たちを送り出してくれたおじちゃん、どうもありがとう。


電動自転車はラクチンで、風をきって走るのが気持ちいい。

P1080825.jpg

娘と「自転車にしてよかったね」と話しながら、最初のアート展示「心臓の音アーカイブ」に到着。

P1080832.jpg

海を見渡す島の風景、しみじみと綺麗な場所でした。

2016瀬戸内国際芸術祭 男木島を巡る その3

お昼を食べた後、どこを目指すでもなく歩いていると「男木島図書館」の看板が目に入りました。芸術祭とは関係ないのですが、本好きの娘が「行ってみたい」というので寄ることに。

P1080762.jpg

古民家を改装した、ちっちゃな図書館です。

P1080752.jpg

P1080748.jpg

著者の写真と著書が並ぶ、ギャラリーのような空間が素敵。

P1080759.jpg

瀬戸内海の島を書いた本「島はぼくらと」が置いてありました。パラパラ流し読みしていると、この本に出てくる架空の「浮島」とここ「男木島」がリンクして頭のなかに描き出されるような、不思議な感覚を覚えました。帰ったら地元の図書館で借りて読んでみよう・・・と思いつつ、まだ読めていません。


寄り道して休んでばかりの私たち、図書館の次は何やら洒落たオープンカフェを発見。

P1080766.jpg

ガイドブックを熟読していた私、「ここが名物めおんバーガーが食べられるDream cafeね! 」とすぐにわかりましたが、すでにお腹いっぱいで・・・。こっちでお昼にすればよかった、と後悔しつつ、カフェの奥にある屋内作品を見ることにしました。

屋内作品はそれぞれ入り口で鑑賞料を支払います。作品によって金額が違ったりしますが、男木島は全て300円とのこと。中学生まで無料というのは嬉しいポイント。歩く方舟みたいな屋外作品は無料で自由に鑑賞できます。
5,000円の作品鑑賞パスポートを購入を買おうかどうか迷ったのですが、結果としてそれ程多くの作品は見なかったので買わなくてよかったです。

歩く方舟を見ちゃってすでに目的達成の感がありますが、せっかく男木島まで来たんだから少しは見ておきますか。なんて、かるーい気持ちで入ったここが楽しかった!

「カレードスコープ ブラック&ホワイト」

P1080776.jpg

アートに溶け込む娘と

P1080769.jpg

「白ブラウス来てるからいい感じじゃない? 撮って撮って」とはしゃぐ母。


やっとエンジンがかかってきた(遅すぎ)ので次、行ってみようか。

P1080778.jpg



「アキノリウム」

P1080785.jpg

1階が影絵。

P1080787.jpg

2階はサウンドオブジェの自動演奏。竹の楽器の奏でる音楽は何となくバリ風? 心地よい音楽とオブジェの動きは見ていて飽きません。


「記憶のボトル」

P1080789.jpg

フォトジェニックではあるんですが。前の2つが楽しかったので、何の動きもない展示には「これだけ・・?」と感じてしまう、アートがいまいち理解できない私。


P1080797.jpg

屋外展示の「オルガン」を見てここでタイムアップ。15:00のフェリーで高松に戻りました。

P1080800.jpg

行き当たりばったり、寄り道ばかりの男木島でしたが、十分楽しむことができました。翌日行った豊島は広くてとてもそんな訳にはいかなかったのですが、男木島はノープランでも全然いけちゃうんじゃないでしょうか。

2016瀬戸内国際芸術祭 男木島を巡る その2

男木島にあるアート作品の中で、私がいちばん気になったのが「歩く方舟」。確たる理由はないけれど、ファーストインプレッションでググっときてしまったのよね。
他のアート群からは少し離れた位置にあるけれど、男木島に来たからには絶対にこれを見なければ、と思っていました。

P1080708.jpg

離れていると言っても徒歩で行ける範囲で、案内板があちこちに出ているので、方向音痴の私でも迷うことはありませんでした。

P1080710.jpg

「青空を夢見て」を左に見て、目的地はもう少し先です。

P1080712.jpg

男木島は猫島とも言われているようですが、この暑さでは猫ちゃんたちもやたらに出てはきません。ここで初めて猫ちゃんに遭遇。猫アレルギーだけど猫好きの娘、大喜びの図。

そこからまたしばらく歩いて・・

P1080713.jpg

目指す「歩く方舟」が見えてきました!!

近くに行くと、そこでは韓国の若者たちによる自撮り棒を駆使した大撮影会が開催されており・・・圧倒された私たちはしばらく作品から離れて見学。

すると娘が不思議なものを見つけました。

P1080717.jpg

「何か書いてあるよ」

P1080716.jpg

「ある夜、方舟は歩きだす」

うわー、すごいの見つけたね!! これもこの作品の一部なんじゃない? ワクワク、ドキドキ、秘密を見つけちゃった気分です。

この場所はすごく気持ちがよくて、普段は撮る専門の私も娘に撮ってもらいました。

P1080722.jpg

御一行の撮影会が終了し、立ち去った後は作品を二人占め。

P1080723.jpg

足の間に入る。

P1080724.jpg

入る。

P1080726.jpg

そしてじっと足を見る。

実は暑くて休んでいるだけですが(笑)。

P1080729.jpg

今にもあるき出しそうな後ろ姿は何となくセクシー。

写真を撮っていると、爽やかな笑顔でこちらに向かって歩いてくる青年ひとり。「撮りましょうか?」と言って、私たちのカメラのシャッターを押してくれました。私が若ければ、ここから何かが始まっていたかもしれません。


ただの妄想です。

P1080731.jpg

さようなら、すれ違いの出会い。

恋愛という文字が私の辞書から消え去って早10年以上。興味はどんどん若い子にシフトしてきており、最近のお気に入りはHey!Say!JUMPの伊野尾ちゃん。「そして誰もいなくなった」の最終回、あの悪役姿にヤラれました。
現実世界より妄想に生きるアラフィフシングルです。

・・・・スミマセン。脱線しました。



歩いてお腹も空いたので、お昼は近くにあったTACHIへ。

P1080745.jpg

ごくごく普通の民家でした。

こういうところが美味しいのよね、と期待しましたが・・。
600円の島ランチは、唐揚げ、ウインナー、イカリングと「今日は買ってきたお惣菜で済ませちゃったわ」的なラインナップがやや残念な感じ。観光地にしては安いけれど、「島ランチ」と名付けるからにはもうちょっと頑張ってほしいな、と思ったのでした。

P1080743.jpg
category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS