My Happy* Traveling

ARTICLE PAGE

黄金の丘 ワット・サケットからセンセープ運河ボートでプラトゥナームへ〈バンコクウォーキングツアーその4〉

author photo

ByKANA

ウォーキングツアー、最後の目的地はワット・サケット。
この日、最初に行ったワット・トライミットは「黄金仏」でしたが、こちらは「黄金の丘」です。

そういえば、ガイドさんが「タイ人は金(きん)が好き」と言ってたっけ。金はお金持ちの象徴だと思われているので、金のアクセサリーを身に着けるのが好きなのだとか。日本人の私からすれば、金のアクセサリー = あっち系の人ってイメージなんですけどね。

タイ人が金好きなのと、金色のお寺が関係あるのかどうかは不明ですが。

黄金の丘 ワット・サケット


ワット・サケットはアユタヤ王朝時代に建てられた歴史あるお寺だそうです。



青い空に映える白い壁と、この寺院の象徴、黄金色の仏塔。かなり高いところにあるようにも見えますが、登るのはさほど大変ではありませんでした。



登り口はミストが吹き出す怪しさ満載のテーマパーク風。「昔はこんなじゃなかった」そうで、やってるうちにエスカレートしてきちゃった系でしょうか。



階段を登って中に入ると高貴なお顔の仏様。





窓からの眺めも素敵です。



外に出ると、こんな間近に金色の仏塔が見られます。補修中なのかな。



手前に並ぶ煉瓦色の屋根はお坊さんの宿舎、そこから低い建物が続き、その向こうには高層ビル群。昔からの町並みと現代的なビルが対比的なバンコクの町が、360度ぐるっと見渡せます。いい眺め!



ぐるぐる廻る螺旋状の階段。登りと下りでそれぞれ専用の階段があって、こちらは下り用。

階段を下りた出口に売店(カフェ?)があり、ミルクコーヒーを購入。しかし、その作り方が想像の範疇を超えておりました。
まずコップにインスタントコーヒーを入れる。

「インスタントなの?!(心の声)」

次にお湯、ぐるぐるかき混ぜて練乳を注ぎ、また混ぜて練乳、混ぜて練乳。

「ひえーーー、どこまで入れるんですかーーっ!! やめてぇぇぇ(心の声)」

ものすごく手際よく行われる一連の動作。そして最後に氷を入れた入れ物に注いで出来上がったのが。



こちら。

飲んで見ると、恐れていたほど甘く感じず・・・。冷たさのせいか、それとも疲れて体が甘さを欲していたのか、普通にゴクゴク飲み干しましたが、ものすごいカロリーだったと思います。



帰り際、見上げた金色の仏塔がとても綺麗でした。

センセープ運河ボート


チャオプラヤー・エクスプレスには乗ったことありましたが、センセープ運河ボートは初体験でした。観光客向けではなく、現地の人々が日常的に使う公共交通機関です。



ワット・サケットからしばらく歩いて船着き場から乗船。





パンファーと読むのかな。5番の乗り場でした。



よいしょっとまたぐ感じで船に乗り込んでいきます。ツアーのためチケットの買い方は不明ですが、船着き場にはチケット売り場はなく、船内で買うシステムのようです。



スピードが上がると水しぶきがかかるため、手動でビニールのカバーを上げてガード! ロープみたいなのがついていて、引っ張ると上がるようになっています。何となくアトラクションのようで面白い。



この川の色、落ちたら間違いなく大変なことになりますよね・・。プラトゥーナムに近づくにつれ、庶民的から近代的な風景に変わっていきます。



黒煙を撒き散らしながら走る対向車ならぬ対向船とのすれ違い。





そしてプラトゥーナムに到着。
3月にバンコクを訪れた時、この橋の上から船に乗る人々を見ていたのですが、まさかその3ヶ月後、この船に乗ることになるとは・・。うーん、人生ってわかりませんね。

朝から盛りだくさんだったツアーは、この後カオマンガイを食べて解散となりました。
このツアーで歩きまわったおかげで、かなりバンコク通になったような気がします。また行くぞー、バンコク!!

☆バンコクウォーキングツアーの記事はこちら☆
国鉄フアランポーン駅で午前8時に動きを止める人々〈バンコクウォーキングツアーその1〉
ヤワラートからチャオプラヤー・エクスプレスでパーククローン花市場へ〈バンコクウォーキングツアーその2〉
ホステル Niras Bankoc のお洒落カフェ Petit Peyton Cafe でこのツアーの意味を知る〈バンコクウォーキングツアーその3〉
関連記事
Share

Comments 4

エボ太郎  

管理人様、こんばんは。
初めましてエボ太郎と申します。

年末年始のバンコク旅行の為にいろいろ調べていましたら、貴HPに辿り着きました。
メジャーな旅行先ですが、あまり行く機会がなかったので、参考にさせて頂きます。

メディアツアーに選ばれるなんて、凄いですね。
この至れり尽くせりを堪能してしまうと、次回が辛いかも?!

しっかりと綺麗にまとめられており、見やすいですね。
航空券の取り方、旅行先、何か似たような価値観を感じます。

2017/09/14 (Thu) 19:57 | EDIT | REPLY |   

KANA  

エボ太郎さん
コメントありがとうございます。
バンコクはメジャーで情報も沢山ある中、
このブログに来ていただいて嬉しく思います(^_^)

今年はもう旅行には行けないと思っていたので
こんなツアーに参加することができて良かったです。
バンコクはまだ書きたいことがあるのでもうちょっと続く予定です。
少しでも参考になれば幸いです。

エボ太郎さんのブログも拝見しました!
いろんなところに行かれているのですね。
費用もしっかり記載されていて参考になります。
またゆっくり読ませていただきます。

2017/09/17 (Sun) 23:04 | EDIT | REPLY |   

ゆり  

KANAさん、お久しぶりです〜!
先日はブログへのコメントをいただきありがとうございました♪
いつもの如くお返事が遅くてスミマセン^^;

プレスツアー、良いですね〜!
私も、以前タイ政府観光局募集のタイレポーターに応募したら運良く当選して、
今はブランドチェンジしてしまったけど、チャオプラヤ沿いのマリオッットリゾートに泊まった事を懐かしく思い出しました。

記事の最後の運河とボートが映る写真は、ラチャダムリ通りからのショットですよね?
私も去年のJAL修行でバンコクに行った時に、ピンクのカオマンガイ屋さんへ向かう途中、橋の上から同じような風景を撮りましたよん♪

ご縁のあるKANAさんとは今後もまたどこか海外でお会い出来そうな気がしています(*^^*)

2017/09/18 (Mon) 09:53 | EDIT | REPLY |   

KANA  

ゆりさん
こちらこそ、コメントありがとうございます。嬉しいです(^_^)
ゆりさんのタイレポートの記事も前に読みましたよ !

そうそう、ゆりさんはアーノマホテルにお泊りでしたよね。
今回も、そしてその前の3月も、この辺りをぶらぶら歩いてました。
ゆりさんのブログで見たあの美味しそうなぜんざい、
気になっているのですがなかなか巡り会えません。。時間帯なのかしら。

娘の夏休みも過ぎ、旅行ぐらい行ってもよかったなと思う今日この頃(笑)。
またどこかでお会いできることを楽しみにしています。

2017/09/21 (Thu) 20:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply