My Happy* Traveling

ARTICLE PAGE

ハイシーズンも片道5,000マイル! ユナイテッドマイレージプラスでANA国内線の特典をとる

author photo

ByKANA

この夏休みは国内旅行、マイレージプラスでANA国内線の特典をとり、瀬戸内国際芸術祭に行ってまいりました。

P1080840.jpg

豊島と男木島に行きましたが、それぞれ素敵な島でした。お盆のピーク時なので混んでましたけどね。

この夏は旅行の予定はなかったのですが、娘のユナイテッドマイルがちょうど20,000マイル、国内(飛行距離800マイル以内)なら2人分の往復がとれるだけ貯まっていたので、これを使って行けるところに行こう! と考えました。
そして決めた行き先は、前から行きたいと思っていた瀬戸内国際芸術祭。3年に一度開催される現代アートの祭典、ちょうど今年が開催年なのです。

そうと決まれば、まずは日程から行きますか。

私の休みは基本的にお盆なので、多少前後してもお盆を絡ませた日程で組みたいところ。そこで問題になるのはブラックアウト(利用制限)期間。今夏のANAのブラックアウトは羽田発が8/11~13、羽田着が8/13~15。少しだけ休みを後ろにずらせば何とか行けそうな感じ。

ということで、ブラックアウト明けの8/14に羽田を出発し、17に帰ってくる3泊4日で予定を組みました。
ブラックアウト前後で果たして特典が取れるのか、やや不安を覚えつつもとりあえず先に宿だけ予約して、特典予約開始の60日前を待ちました。

そして往路出発の60日前。8/14は問題なく希望の時間で取れたけど、帰りが。8/17の便が早朝か夕方しか出ていなくて、早朝便で予約。仕方ない、許容範囲です。

8/14 羽田 > 高知(ANA マイレージプラス特典)> 高知1泊
8/15 高知 > 高松(高速バス移動)> 高松2泊
8/17 高松 > 羽田(ANA マイレージプラス特典)

どうせ行くなら高知のお友だちに会いたいので、行きは羽田から高知まで、帰りは高松から羽田という旅程。
これをANAでとるとハイシーズンのマイル数となり、往路7,500マイル、復路9,000マイル、(ANAの場合、高知と高松ではマイル数が変わります)合計16,500マイルとなるところ、マイレージプラスだと片道5,000マイル、往復で10,000マイルなのです。わーい、なんてお得。

ただし、マイレージプラスだと変更や払い戻し手数料が高いのが難点。変更するのに75ドルかかっちゃうので、予約したら変更はしない! という気力で望まないとお得感が薄れます(むしろ損かも)。

今回いろいろ検索していて面白いな、と思ったのがコレ。

20160829.jpg

高松って沖縄便もあるんですね。日によっては沖縄経由で高松に行く便も出てきました。
もちろん遠回りになりますが、目的地が高松なのでこれでも片道5,000マイル! ちょこっとだけ沖縄を楽しんで、それから高松ってのもいいんじゃないでしょうか。
機会があれば、次はこんなルートで行ってみたいと思います。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply