My Happy* Traveling

ARTICLE PAGE

海辺の宿 あまみくのツインルーム珊瑚

author photo

ByKANA

海がすぐそこというロケーションに感動しきりのあまみく。私たちが宿泊したのはツインルームの珊瑚でした。

P1080287.jpg

お部屋には小上がりのくつろげる畳スペースがあって、そこに自分たちでお布団を敷きます。

P1080307.jpg

お布団を敷くとこんな感じに。

海が見えるバスルームがこれまた素敵。

P1080284.jpg

夜だと何も見えなくてもったいないので、私たちは朝、湯船にお湯をためて入りました。バスルーム側が隣の部屋になっていて、お隣さんのお湯を流す音なんかが結構聞こえてきましたが・・それは仕方ないかな。。まあ、許容範囲です。

P1080322.jpg

P1080321.jpg

バスルームは白と青でセンスよくまとめられていて、置かれた小物もさりげなくカワイイ♪

P1080319.jpg

お茶もコーヒーも、1泊には十分すぎるほど。冷蔵庫の中には無料のお水、ポットもあるのでお湯をわかしてお部屋でゆっくりコーヒーが飲めました。

宿に到着後、しばらくお部屋でくつろいだ後は夕食に出かけることに。この辺りは民家も少なくて、街灯もあまりないようなので、徒歩で出かけるのは不安でしたが

「大丈夫、歩いていけますよ。懐中電灯もっていってくださいね」とオーナー。

・・・懐中電灯?!

P1080326.jpg

ありました。

とりあえず懐中電灯を持ち、行きはまだ明るいうちに近くにある北山(ほくざん)食堂へ向かいました。1本道で迷うことがなさそうなのが救いですが、両脇は畑と空き地とお墓の田舎道。子供の頃は、こんな道を通って学校に通ってたよなあ。

北山食堂の入り口も緑生い茂るジャングルのようです。

P1080308.jpg

ジャングルの奥にはレトロな居酒屋。

P1080309.jpg

内装もおもいっきり昭和レトロ。

P1080311.jpg

これこれ、この蛇口! 泡盛の飲み放題をオーダーするとコレにつけるハンドルがもらえるようです。興味津々でしたが、私は泡盛なんてそんなに飲めないし、周りにもオーダーした人はいなかったみたいで、この蛇口から泡盛が出るところは見られず・・・残念。

P1080314.jpg

フーチャンプルーやラフテー、ビールで沖縄満喫。

帰り道は真っ暗かと思いきや月の光で意外と明るく、月明かりと懐中電灯のおかげで難なく宿に戻ることができました。
関連記事
Share

Comments 2

海ママ  

うっわーーーーーー!!!!海綺麗!!!
素敵な宿ね。はまひがといい、センスいいね~。
お天気もよくて暑すぎないしいい時期ね。
大人の旅行だわ~。

2016/07/05 (Tue) 10:50 | EDIT | REPLY |   

KANA  

夕方到着で朝チェックアウトだから、
ほぼ寝るだけでのんびりできなかったのが残念。
3月は台風もないし、いい季節だね。
また来年リベンジしたいです!

2016/07/06 (Wed) 23:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply