ロイヤル ホイアン M ギャラリー コレクション‎のプール

明けましておめでとうございます。
今年はまさに「寝正月」。実家で何もせずゴロンゴロンとしておりました。なんという幸せ。1日だけでしたけどね。母よ、ありがとう。

年末に「ベトナム航空まだ夏期スケジュールが出てないよ」なんて書いていたのですが、出ました。多分年明けたぐらいに出たんじゃないでしょうか。
昨年のように3万円台、とはいかないまでも、日を選べば夏休みも4万円台で東京-ダナンが往復可能。
こうなると、心がザワザワして全く落ち着きません。

ただ、昨年からいろいろありまして。
毎年恒例の夏旅、今年はもしかしたら行かないという選択になるかもしれません。


P1070686.jpg

昨年夏のベトナム、まだホテルのことしか書いていない気がしますが(笑)も少し続きます。

綺麗とは言い難いホイアンの川沿いに建つロイヤル ホイアン M ギャラリー コレクション‎。ホイアンの中ではお値段もやや高めの設定で、高級ホテルの部類となります。

IMG_0582.jpg

プールはやや小さめに感じますが、ホテルの規模からするとこんなものかと。

IMG_0623.jpg

プールサイドで冷たいお茶とおしぼりがサービスされるっていうのは高級ホテルの証かしら。

IMG_0583.jpg

うちは浮き輪を日本から持参してるので、プールではいつも「空気を入れて」って頼んでます。大型リゾートホテルだとエアコンプレッサーが当たり前のようにあるんだけど、小さなホテルって意外に用意されてないんですよね。空気入れ。

「ここは貸し自転車があるんだから空気入れもあるはず」と、プールサイドのスタッフに聞いてみると、ちょっと考えて「少しお待ち下さい」とどこかに消えていきました。

みなさん、どうしてるんでしょうか。大きなシャチくんに自力で空気を入れている家族もいましたが…き、きついでしょ、それ。

戻ってきたスタッフは古くて小さな空気入れを持ってきて、一生懸命に空気を入れてくれましたよ。なかなかパンパンにならなくて、もしかしたら普通に自分の口で空気入れた方が早いんじゃないかと思うぐらいでしたが。それでもずっと一生懸命。


思うに。この対応がホイアンのホスピタリティなんですよね。

このホテルもそうだけど、ホイアンのホテルのスタッフは、総じてホスピタリティが高いように思います。だからトリップ・アドバイザーでも「スタッフがとても親切」と書かれているホテルが多いんじゃないでしょうか。
バンコクでは「(空気入れは)ありません」とあっさり言われちゃいましたから。

この浮き輪の空気入れホスピタリティで、私の評価暫定ナンバーワンはエエナホテルのご主人。
娘がお願いしたところ、バイクでビューンとバイク屋さんまで行き、そこでパンッパンに空気を入れてもらった浮き輪を小脇にかかえ、再びバイクでホテルに帰って来ました。

この対応、めっちゃカッコよくないですか?!


・・・・脱線しました。


IMG_0598.jpg

プールサイドにはこんな素敵なくつろぎスペースもあるのですが、いかんせん暑い!!! 暑すぎてこんな日除けのない場所にはいられません。

IMG_0617.jpg

YO! YO! リゾートではモヒート!!!

韻を踏んだのでラップにしてみました。下の方にあるのは輪切りの長ネギではなく、レモングラスです。このモヒート、125万ドン(750円)とベトナムにしてはややお高めですが、その分美味しかったなあ。。
ハーブの香りですっきりとした大人の味わいでございました。

ビールは45万ドンなんですよね。モヒート頼んだ後「ビール3杯飲んだほうがよかったかも」とつい考えてしまう私。。

P1070292.jpg

日が暮れてきてライトアップされるプールもロマンチック。欧米人のイチャイチャカップル率高し。

P1070294_20160105013452ddc.jpg

この「HOTEL ROYAL」を見ると「ホテルローヤル」を連想してしまい、どうしてもラブホテルに見えてきちゃって仕方がなかったのは私だけでしょうか。

うん。多分私だけだと思います。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS