ダナン > ホイアン送迎は14USD、往復利用でさらに割引のホイアントランスファー

北海道旅行で入院してしまった父が、無事退院して帰ってまいりました。とにかく無事でしたからね、このエピソードは父の武勇伝として語り継がれることと思います。
ご心配いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

さて、随分時間もたってしまいましたが、ベトナム旅行記に戻りましょうか。

EENA HOTEL滞在の後は、ホイアンに移動。
今回のホイアンのホテルはトラベルズーのお得なプランで予約したロイヤルホイアンMギャラリーコレクションです。

P1070429.jpg

今までホイアン⇔ダナンはメータータクシー、ホイアンのホテルやEENA HOTELで手配してもらった送迎を利用していました。メータータクシーだとだいたい40-50万ドン(2,400円から3,000円)程度でしょうか。
メータータクシーよりもホテル送迎の方がやや割安感があります。

4回目ともなる今回はちょっと学習しまして、現地旅行会社の送迎を利用することにしました。ロイヤルホイアンMギャラリーの送迎は30USDとお高めだったし。

私が検索した中では最安だったホイアントランスファーです。

2015-10-12.jpg

http://hoiantransfer.com/

あらら。4シートセダン、3人乗りで15USDに値上がりしてますね。私が利用した2015年8月は14USDでした。それでもタクシーやホテル送迎よりは安いです。

何時に移動するかは現地に着いてからの様子で決めたかったので、日本からの予約はせず、前日にメールを入れました。ホームページではダナン空港からの送迎プランしかないので、EENA HOTELへのピックアップは可能かどうか、また予約に空きがあるかどうかを確認。

すると。


返信はやっっっ!!


ここ、メールでのレスポンスがめちゃくちゃ早いです。メール送信してすぐに返信が来ました。EENA HOTELのピックアップは可能、空港からと同じく14USDということで予約しました。
当日もちゃんと時間にピックアップに来たし、安くても何の問題もなし。車はホームページにのっているようなごくごく普通のシルバーのセダンでした。


ただ、ちょっと焦ったことが…。


それは電話。


乗ってしばらくすると運転手さんが何やら電話をして、話をしろと私にその携帯を渡したのです。相手はホイアントランスファーオフィスの女性。どうやら運転手さんは英語が話せないようで、オフィスの女性が乗客に確認の電話をしてくるようでした。

英会話勉強中ではありますが、英語の電話はやっぱ緊張するわ(汗)。

電話の内容は難しいものではなく、「How are you?」から始まって「何かあったらオフィスに連絡してね」程度。なので返事も「Good」「Alright」「Thank you」ぐらいで事足ります(笑)。帰りの送迎でも同じように電話があったので、この電話はホイアントランスファー利用時にはもれなく付いてくるかと思われます。
利用料金はタクシーのように、到着の時に運転手さんに支払いです。

この安さに惹かれて、帰りも同じように前日にメールで予約をすると、往復利用のプロモーションが適用されて、10%OFFとなりました。12.6USD(8月当時の料金です)、これは安い!! ホイアントランスファーを利用するなら、往復予約がオススメです。

実は帰りの予約をする時に記載を間違えて、PMとしなければならないところを「1:00AM」とメールで送ってしまったのですが、「13:00の間違いではないか?」とちゃんと確認のメールが来ました。早くて的確、安くてもしっかり対応してくれます。

P1070653.jpg

到着したロイヤルホイアンMギャラリーについては次回♪
関連記事

Comment

海ママ | URL | 2015.10.12 15:47
お父様ご退院おめでとうございます。
北海道で入院とは・・・。本当にご無事で何よりです。

そしてホイアントランスファー!
これはおトクね!!!!
ダナン市内は時間帯によっては混雑することもあるし、次はこれにするわ~。
次がいつ行けるのかが一番の問題だけど~。
いい情報をありがとうございます!


KANA | URL | 2015.10.13 23:23
海ママさん
どうもありがとう! 父とは電話で話しただけだけど、随分元気そうでした。

次はね(笑)。
私も来年の夏はどうするかなー。考え中。
春はLCCで沖縄に行きたいと思ってて、海ママさんのブログ読み返して勉強中です。
Comment Form
公開設定

category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS