晩秋の風物詩、長野えびす講煙火大会

全国でも珍しいという11月の花火大会。
毎年長野市で行われている長野えびす講煙火大会に行ってきました。

IMG_1956.jpg

ブログに書くのは初めてなのですが、この花火大会に出かけるようになってから今年で5年目。
花火は長野市内だったらどこでも見えるよって感じなので、以前はわざわざ寒い河川敷に出かけることはありませんでした。でも一度、間近でこの感動を味わうと、もう毎年会場に行かずにはいられない!
というか、こんなに近くに住んでいるのに、会場にも行かずに眺めるだけなんて本当にもったいない、と思うように。

最初の年は娘とふたりでしたが、今では父、母も加わり、親子三世代での恒例の花火鑑賞となっております。

花火大会が行われるのは長野市犀川の河川敷。
有料席もありますが、無料のエリア、土手に座っての鑑賞で十分に楽しめます。

IMG_1944.jpg

かなりの人出となっておりますが。
早くから出かけて席取りをしなくても、場所にこだわらなければ結構どこでも座れちゃいます。

昔は寒くて、この時期、こんな土手に長時間いられなかったのですが、最近は暖かくなりましたよね。
そうは言っても11月。時間が経つにつれて息も白くなり、冷え込んできます。

そこは毎年のこと、まかせて準備万端、完全防備。
ヒートテックを更に重ね着して、厚着なのはもちろん、土手ではシートの上に毛布を敷いて、寝袋に包まって、足元には使い捨てカイロであったか、ぬくぬく。
娘が帰る時に「いやだ、ここから出たくない」と言ったほど(笑)。
わが家に限らず、まわりも同じような感じで、当日、会場近くに行くと、皆さん毛布やシートが入った大きな袋を抱えて歩いています。

IMG_1962.jpg


IMG_1954.jpg

晩秋のシンとした空気の中、次々と打ち上げられる花火の綺麗さ。

IMG_1964.jpg

間近で見ないと絶対に味わえない、光が頭の上から降ってくるようなこの迫力。

そして、いちばんの見どこはミュージックスターマイン!

IMG_1948.jpg

IMG_1950.jpg

写真はロケット花火みたいなことになっておりますが(^_^;)

音楽にあわせて次から次へと打ち上げられる花火は、ストーリー性があって、見ていてワクワク、大興奮!これを観るためにここに来ていると言っても過言ではない、圧巻のスターマイン!!

書いてるだけで興奮がよみがえってきたよ(笑)。

IMG_1946.jpg

終わると同時に沸き起こる歓声と拍手。
大勢の観客がそれぞれに感動しているんだろうな。なんか嬉しい。


両親も年とってきたし、いつまで一緒に来られるかはわからないけれど。
これからも毎年みんなで「今年の花火も良かったね」と言えるといいな。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS