セブ空港に近くて便利なゴールドベリー スイーツ & ホテル

セブへの到着は夜遅く、次の日はアイランドホッピングを
予約していたので、空港近くのホテルを予約しました。
旅行のスケジュール、ホテルの位置はこちらの記事で。

到着日とその翌日、泊まったのはゴールドベリー スイーツ & ホテル、
予約はエクスペディアから1泊5,000円ぐらいでした。
まだ新しいホテルで、空港の送迎付き、朝食付きでこのお値段

空港の送迎は、ホテルのサイトからメールで予約しました。

ところが。

返信が全く来ず

不安になったので、その後2回、返信くれとのメールをしたところ、ちゃんと手配できてますよって感じの返信がやっときました。まあ、仕方ないか。安いホテルだし、無料送迎だし・・ね。

到着日は名前のプレートを持ったスタッフが空港でちゃんと出迎えてくれました。
ホテルも空港から近かったし、娘も疲れていたのでホテルに着いてひと安心。

P1030544.jpg

お部屋はビジネスホテルみたいにベッドだけでいっぱいだし、
リゾート感は全くありません。
でも、新しくて今風のつくりだし、きれいです。
この2日間はお部屋で過ごすこともほとんどないし、十分です。

P1030543.jpg

バスルームもシャワーのみだけど問題なし。


ホテルの入り口にはいつもドアマンがいて、タクシーを止めてくれたり、
挨拶してドアを開けてくれたり。
フロントではチェックアウト後も気持ちよく荷物を預かってくれて、
スタッフの対応も良かったのです。


ただね・・。


朝食が・・・・


IMG_1340.jpg


激マズ 


セブの料理ってさ、タイとかベトナムとかの東南アジアとは全然違う、
なんだろう、グアムとか、パラオとかで食べた感じ。

朝食は何種類かから選べるようになっていて、
前の日はフレンチトーストを選んで大失敗。
固くてナイフで切れないフレンチトーストなんて、初めてでした

この日はご飯だったら間違いないだろうと思ったのですが。
ご飯は粒が見えないほど固められてるし、
ウインナーも何か独特の匂いがして、甘いのよ

娘のパンケーキはまあまあ、食べられる程度でした。

朝食はおまけなんだと思えば・・。うん。


あとね、お部屋でWi-Fiが使えるっていうことでしたが、ダメダメでした。
全然つながらないし、つながったかと思えばブチブチ切れる、
そしてめちゃくちゃに遅い。

セブのWi-Fi環境ってこんなもんなの?と思ったのですが、
次のインペリアルではサクサクつながったので、
このホテルの環境が悪かったんだと。

多少の問題はありましたが、値段が安いのでね。
トータルで考えれば、コスパは良かったんじゃないかと思います。
関連記事

Comment

19 | URL | 2013.06.17 11:47
おもしろいです!
なんかおっきいミョウガみたいなのなんですか?
もももしやウィンナ??
どこかのショッピングモールのカフェででもたべた
ほうがよっぽど快適でしたね。
私も部屋やwifi有無・設備などはネットでだいぶ
下調べ(くちこみなど)しますが、朝食まで確認して
いません。今後は食事も確認しようと思いました。
私はセブ後半2泊を、どうしてもSMで買い物したく
ラディソンブルホテルに泊まったのですが
ちょっとした洗濯物を干すところが一切なく
ベランダもなく・・
(セブcityで排気ガスとかひどいからかしら)
プール後本当困りました。
個人手配はほんとに念には念を!ですね。
ベトナムの遅延も本当おつかれさまでした。
そしてそして、私もブルーベリースコーン作りましたよ!
すでに2回作りました。甘くなくて簡単ですね。
いろいろもりだくさんのコメントですみません。
ブログ更新楽しみにしています。
KANA | URL | 2013.06.17 21:21
19さん
いや、おっきいミョウガって(笑)
コメント読んで思わず笑っちゃいましたよー。
そうです、ミョウガではなく、微妙に甘いウインナーですww
うーん、他に食べに行けば良かったんですけどね、何となく面倒で(^_^;)

ラディソンってベランダなかったんですか?!
わー、それは意外。私も宿泊の候補だったので、口コミ調べたりしましたが、そこまでは気が付きませんでした。
実際泊まってみないとわからないことろって、いろいろありますよね。
また機会があれば、シャングリラの感想もお聞かせください(^^)。

ブルーベリースコーン、簡単で美味しいですよね!!
うちはすでに定番化しています。
ブログ、読んでていただいて本当に嬉しいです。
これからセブのことも書いていきますので、またのぞいてやってください。
Comment Form
公開設定

category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS