ハイシーズンも片道5,000マイル! ユナイテッドマイレージプラスでANA国内線の特典をとる

この夏休みは国内旅行、マイレージプラスでANA国内線の特典をとり、瀬戸内国際芸術祭に行ってまいりました。

P1080840.jpg

豊島と男木島に行きましたが、それぞれ素敵な島でした。お盆のピーク時なので混んでましたけどね。

この夏は旅行の予定はなかったのですが、娘のユナイテッドマイルがちょうど20,000マイル、国内(飛行距離800マイル以内)なら2人分の往復がとれるだけ貯まっていたので、これを使って行けるところに行こう! と考えました。
そして決めた行き先は、前から行きたいと思っていた瀬戸内国際芸術祭。3年に一度開催される現代アートの祭典、ちょうど今年が開催年なのです。

そうと決まれば、まずは日程から行きますか。

私の休みは基本的にお盆なので、多少前後してもお盆を絡ませた日程で組みたいところ。そこで問題になるのはブラックアウト(利用制限)期間。今夏のANAのブラックアウトは羽田発が8/11~13、羽田着が8/13~15。少しだけ休みを後ろにずらせば何とか行けそうな感じ。

ということで、ブラックアウト明けの8/14に羽田を出発し、17に帰ってくる3泊4日で予定を組みました。
ブラックアウト前後で果たして特典が取れるのか、やや不安を覚えつつもとりあえず先に宿だけ予約して、特典予約開始の60日前を待ちました。

そして往路出発の60日前。8/14は問題なく希望の時間で取れたけど、帰りが。8/17の便が早朝か夕方しか出ていなくて、早朝便で予約。仕方ない、許容範囲です。

8/14 羽田 > 高知(ANA マイレージプラス特典)> 高知1泊
8/15 高知 > 高松(高速バス移動)> 高松2泊
8/17 高松 > 羽田(ANA マイレージプラス特典)

どうせ行くなら高知のお友だちに会いたいので、行きは羽田から高知まで、帰りは高松から羽田という旅程。
これをANAでとるとハイシーズンのマイル数となり、往路7,500マイル、復路9,000マイル、(ANAの場合、高知と高松ではマイル数が変わります)合計16,500マイルとなるところ、マイレージプラスだと片道5,000マイル、往復で10,000マイルなのです。わーい、なんてお得。

ただし、マイレージプラスだと変更や払い戻し手数料が高いのが難点。変更するのに75ドルかかっちゃうので、予約したら変更はしない! という気力で望まないとお得感が薄れます(むしろ損かも)。

今回いろいろ検索していて面白いな、と思ったのがコレ。

20160829.jpg

高松って沖縄便もあるんですね。日によっては沖縄経由で高松に行く便も出てきました。
もちろん遠回りになりますが、目的地が高松なのでこれでも片道5,000マイル! ちょこっとだけ沖縄を楽しんで、それから高松ってのもいいんじゃないでしょうか。
機会があれば、次はこんなルートで行ってみたいと思います。

東京蔵前のいまどきゲストハウス Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE に泊まる

春の沖縄旅をやっと書き終え、次はゴールデンウィークに泊まったゲストハウスの記録など。だんだんブログと現実との差が縮まってきました(笑)。

P1080531.jpg

いつもの高速バスに乗り、やってきたのは東京蔵前。スカイツリーが見えるってだけでなんだか嬉しくなっちゃう。田舎者の証でしょうか。

なぜ蔵前なのか。それはここに泊まりたかったから。

P1080529.jpg

P1080499.jpg

Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE

私たち母娘、初めてのゲストハウスです。

昔はバックパッカーが集う安宿っていうのが私のゲストハウスのイメージでしたが、最近はオシャレなところが沢山できてるんですよね。その中でも、常に予約でいっぱいの人気の宿がここ、Nui.なのです。今回はNui.に泊まりたいってのがいちばんの目的で、東京が後からついてきた感じ。

Nui.にはホステルという名がついていますが、呼び方が違うだけでゲストハウスも同じものらしいです(日本ではゲストハウス、欧米ではホステルが一般的)。
ゲストハウスの定義って何なんだろう、と思って調べてみるとこんな記載がありました(Hana Hostel より引用)。

1.旅館営業の許可書を取得。2.安心・安全・清潔な宿を運営。3.客室にドミトリーがある又は1名3500円以下で宿泊できる部屋がある。4.談話室等ゲスト同士の交流スペースがある。5.海外のゲストに対応できる。




Nui.は1階がカフェとバーで一般利用OK、2階以上が宿泊客専用です。

P1080521.jpg

P1080524.jpg

早めに到着した私たち、1階でチェックインの手続きだけ済ませてお部屋に入れる時間までここでしばし休憩。

P1080495.jpg

昼間からビールを飲む母と、DSでWi-Fiに繋いで何かやっている娘。

P1080519.jpg

朝はここで焼きたてのクロワッサンなど、朝食も食べられます。美しい、そして美味しいクロワッサン♪



ゲストハウス初心者の私たちにドミトリーはハードルが高いので、個室を予約しました。Nui.のお部屋の中で一番高いリバービュー、8,200円。

P1080505.jpg

P1080506.jpg

確かにリバービューですが、寝るだけの部屋なので別にリバービューでなくても良かったのでは。。

P1080507.jpg

ホテルというよりアパートの一室といった方が近いイメージ。

P1080527.jpg

1フロアに1つある、共同のシャワールーム。シャワールームの設備は新しく、清潔です。
最初男性がいたのでちょっとびっくりしましたが、そうだ、ここはゲストハウス。男女共用なのね。慣れてしまえば別段抵抗もありません。


しかし。

朝、顔を洗いに行くと洗面台にモジャモジャの毛が大量に落ちていました。
ど・・・どこの毛でしょうか。天パの人が髪を切ったのか、はたまたすごいスネ毛を生やした人が毛をそったのか、それとも…まさかのワキ毛?! 

いや、どこの毛だっていいんですけどね。

共用の場所っていうのは利用者のマナーとかモラルが大事だな、と感じた次第です。

P1080526.jpg

古い建物を生かしつつ、イマっぽくリノベーションされていてどこもいい感じ。客室に上がるエレベータが昔の業務用みたいに大きくってガタンガタン大きな音がするのがちょっと怖いけど。

人の映り込みが多くて写真は載せられないのですが、宿泊者のみ利用できる共用のラウンジも行ってみました。キッチンや大きなテーブル、ゆっくり本を読めるスペースもあって、なかなか落ち着ける雰囲気。

P1080528.jpg

ゲストハウス、今まで宿泊の選択肢には入らなかったけれど、これはアリ! ですね。
これからはゲストハウスの宿泊も増えるかもしれません。
category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS