海辺の宿あまみくで至福の朝ごはん

梅雨が明け、いよいよ夏本番。
今年の夏は海外旅行ではなく、うどん県に行ってきます。初めての瀬戸内国際芸術祭、きっと暑いだろうな。。でも旅の予定があるっていいですね。楽しみです(^^)

P1080304.jpg

春の沖縄旅、海辺の宿あまみくの朝。砂浜側から宿を見ると見ると、本当に海に近い! すごいところに建てたものだと感心します。

P1080328.jpg

整備されていない、自然そのままの砂浜にはわかめ的なやつと貝殻とか。子供の頃、海水浴に行ってわかめ集めとか言って海藻を集めたのを思い出します。

P1080327.jpg

春の沖縄の海ものんびりしていていいけど、夏のスカッと青い空も見てみたいと思う今日この頃。

P1080333.jpg

朝ごはんは建物1階のアトリエ兼ティールームでいただきます。

P1080330.jpg

目の前はこの絶景ですが、どこに行っても朝は眠そうな娘。
ご主人が「窓を開けた方が気持ちいいので。寒かったら言ってください。」と、窓を開けてくれました。

P1080337.jpg

朝ごはんは別料金の予約制。でも、ここに泊まって、この朝ごはんを食べなければ絶対に損!! と思いました。その朝ごはんとは…

P1080357.jpg

海ぶどうのサラダ、ジーマミー豆腐、もずく酢、ゆし豆腐のスープ、今帰仁のソーセージ…ひとつづつ、ご主人が説明してくれました。地元の素材をたっぷり使ったこの朝食、見た目に感動、食べてまた感動。
ジーマミー豆腐って初めて食べましたが、豆腐だと思って食べるとびっくりの食感。娘も気に入って、帰りに道の駅に寄って買って帰りました。

IMG_1082.jpg

こんな海を間近に感じるロケーションは…なかなかないんじゃないでしょうか。波の音を聞きながら、2人だけの朝ごはんが食べられるなんて、なんて贅沢な時間なのーーー!!


「ママ、早くご飯食べたら?」


何枚も写真を撮りまくる私に、冷静な娘からの一言でした。

P1080361.jpg

食後の飲み物はコーヒーとオレンジジュースをオーダー。ご主人が丁寧にドリップしてくれたコーヒーがこれまた美味しくて。

P1080369.jpg

春の沖縄旅はこれでおしまい。また来年も沖縄いくぞー!!

海辺の宿 あまみくのツインルーム珊瑚

海がすぐそこというロケーションに感動しきりのあまみく。私たちが宿泊したのはツインルームの珊瑚でした。

P1080287.jpg

お部屋には小上がりのくつろげる畳スペースがあって、そこに自分たちでお布団を敷きます。

P1080307.jpg

お布団を敷くとこんな感じに。

海が見えるバスルームがこれまた素敵。

P1080284.jpg

夜だと何も見えなくてもったいないので、私たちは朝、湯船にお湯をためて入りました。バスルーム側が隣の部屋になっていて、お隣さんのお湯を流す音なんかが結構聞こえてきましたが・・それは仕方ないかな。。まあ、許容範囲です。

P1080322.jpg

P1080321.jpg

バスルームは白と青でセンスよくまとめられていて、置かれた小物もさりげなくカワイイ♪

P1080319.jpg

お茶もコーヒーも、1泊には十分すぎるほど。冷蔵庫の中には無料のお水、ポットもあるのでお湯をわかしてお部屋でゆっくりコーヒーが飲めました。

宿に到着後、しばらくお部屋でくつろいだ後は夕食に出かけることに。この辺りは民家も少なくて、街灯もあまりないようなので、徒歩で出かけるのは不安でしたが

「大丈夫、歩いていけますよ。懐中電灯もっていってくださいね」とオーナー。

・・・懐中電灯?!

P1080326.jpg

ありました。

とりあえず懐中電灯を持ち、行きはまだ明るいうちに近くにある北山(ほくざん)食堂へ向かいました。1本道で迷うことがなさそうなのが救いですが、両脇は畑と空き地とお墓の田舎道。子供の頃は、こんな道を通って学校に通ってたよなあ。

北山食堂の入り口も緑生い茂るジャングルのようです。

P1080308.jpg

ジャングルの奥にはレトロな居酒屋。

P1080309.jpg

内装もおもいっきり昭和レトロ。

P1080311.jpg

これこれ、この蛇口! 泡盛の飲み放題をオーダーするとコレにつけるハンドルがもらえるようです。興味津々でしたが、私は泡盛なんてそんなに飲めないし、周りにもオーダーした人はいなかったみたいで、この蛇口から泡盛が出るところは見られず・・・残念。

P1080314.jpg

フーチャンプルーやラフテー、ビールで沖縄満喫。

帰り道は真っ暗かと思いきや月の光で意外と明るく、月明かりと懐中電灯のおかげで難なく宿に戻ることができました。
category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS