眺望も素晴らしいクラブラウンジ@チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク

梅雨も明けてこれぞ夏! という晴天が続いております。
あまりにもいい天気で仕事する気にもならないし、あー、早くベトナム行きたい。

さて。のんびりやってるバンコクの続きです。
チャトリウム ホテル リバーサイド バンコクに着いたところで、まずは楽しみにしていたクラブラウンジへ。アフタヌーンティーとカクテルタイムがあります。

私、クラブラウンジというものは初体験でございまして。
娘なんかこう言ってましたからね。


「クラブルームってカニの部屋?カニが食べられるの?!」


Crab roomか。。。そうそう、部屋に入ればいつもカニが置いてあってね。

…なんてないから!!
その発想、ある意味感心するわ。

で、カニは食べられませんでしたが。

P1060415.jpg

じゃーん。アフタヌーンティーのセットです。

P1060416.jpg

サンドイッチもスイーツも、どれも美味しい!!

P1060419.jpg

P1060417.jpg

サンドイッチ二種、スイーツ三種をメニューから選んでオーダーできました。スコーンはデフォルトでセットになっていて、それと飲み物。両親が翌日行った時はビュッフェのようになっていて、自分でとりに行ったと言っていたので、日によって違うのかも。

初日は入り口で部屋番号を聞かれたのですが、それ以降はスタッフが顔を覚えてくれてスルー。娘と二人で行った時は「ご両親は後から来られますか?」と確認してから2人用のテーブルに案内してくれました。スタッフはとても気が利くし、すごくいい感じ。

そしてカクテルタイムは

IMG_0062.jpg

この素晴らしいサンセットを眺めながらの

P1060569.jpg

ビール♪

IMG_0066_20150722074519391.jpg

飲み物が終わるやいなや、すぐにスタッフがやってきて「おかわりはいかがですか、マダム」なーんて、飛行機で言えばビジネスクラス的な。セレブになったような、特別感。同じホテルに泊まっていてもこんなサービスがうけられるんですね!!

なんて素敵なのーーー(*´∀`*)

これはお金出してもクラブルームに泊まりたいと思うわ。

IMG_0065.jpg

写真見るとビールばかりか調子に乗ってワインやモヒートも飲んでいたようです(汗

IMG_0064.jpg

おつまみの種類は多くないけれど、ひとつひとつが美味しい。
いつもラウンジを利用している人とかだと物足りない、と言うかもしれませんが、なんたって私たち比較材料も何もない初体験ですから。もうひたすら満足、次にこのホテルに泊まる時もぜーーーったいにクラブルームにするわと、そんな日が来るかどうかもわからないのに考えたりするのでした。

インスタグラムはじめました。

突然ですが、インスタグラムはじめました。

ついこの間まで「えー?インスタグラム? 若者がやるやつでしょ」なんて言ってたワタクシですが。

やってみるとこれが面白い!
インスタグラムってすごいですね。フィルターを使うことで、簡単に写真が格好よくなってくれる。何でもない日常をオシャレに偽装…いや、装う最強のツールなんじゃないでしょうか。

SNSといえば随分前からFacebookやってますが、ほら、あれって基本実名でしょ。何かちょっと疲れません?
知り合いに「こいつまた旅行自慢?」なんて思われたりしないかな、なんて考えていて結局何もアップできなかったりして・・・。私だけ・・?

でも、インスタグラムって何か自由じゃないですか。
何も考えずに、かなり盛ってる写真だってアップできちゃう。

娘がいない休日のランチは自分のためだけに。with ビール #beer #asianfood #lunch #ランチ #ガパオ #ビール

@happytraveling66が投稿した写真 -



シメはチーズケーキ #dessert #cheesecake #チーズケーキ #デザート

@happytraveling66が投稿した写真 -



食いもんネタですかね。今のところ。

ということで、ブログは旅行のことしか書いてませんが、インスタグラムは「日常。たまに旅。」です。
旅行に行った時は現地から写真をアップしていきたいと思ってますので、もしよければフォローしてやってくださいまし。

Instagram

広すぎる!!120平米の2ベッドルームに大興奮!!! チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク

バンコク2つめのホテルはチャトリウム ホテル リバーサイド バンコク。

ホテルを探す時に考えたのは、大晦日の夜、どうやって過ごそうかということ。せっかくなので花火は見たいけど、ジジババ子連れで出かけるのは危険なんじゃないかしら。
ということで、外に出かけずとも大晦日の花火が見られる(のじゃないかと思われる)、リバーサイドのホテルを探すことにしました。

しかし。

高い・・・。

リバーサイドのホテルは年末年始は非常に高い!!
そんな中で比較的安かったのがここ、チャトリウム ホテル リバーサイドでした。
それでもいつもの母子旅みたいに一番安いカテゴリではなく、フンパツしてクラブ・スイートの2ベッドルームを3泊とりました。トータル税サ込で32,530THB。約12万円ナリ。
高いので3泊のみにして、その分残り2泊は安いホテルに移動することにして全体予算を調整(汗

予約したのは3月。チャトリウム ホテル リバーサイドのサイトにて。
9月になるとホテルから予約確認のメールが届きました。ハイシーズンなので予約の確認と、到着時間を連絡くださいとのことでした。

P1060545.jpg

この大きなホテルにクラブ・スイートの2ベッドルームは6室のみ。さらにリバービューを選んでますから、もうこのホテルではかなり上位クラスのお部屋。素晴らしい。

IMG_0061.jpg

クラブフロアはエレベーターホールもほかと違ってやや高級感があります。
案内されたのは35階。36階のクラブラウンジがちょうどこの部屋の上に位置していたので、客室としては最上階だったのでは。

そして。

広ーーーーーーい!!

120平米のスイートルームは私たちの想像以上。。
どどーんと広いリビング。

P1060383.jpg

P1060428.jpg

向こう側に見えるのはダイニングルーム。

P1060390.jpg

ベッドルームその1。ツイン。両親がこっち。

P1060382.jpg

ベッドルームその2。ダブル。私と娘。

P1060673.jpg

父が「廊下に風呂があるぞ」と言ってたお洒落過ぎるバスタブ。

P1060389.jpg

奥にはシャワールームもあります。このバスルーム、各部屋に一つづつ!! トイレなんか各部屋+リビング側にひとつで合計3つ!!!

P1060421.jpg

アメニティもナチュラルで素敵。

P1060395.jpg

キッチン。大きな冷蔵庫もありますが、鍋やフライパンといった調理器具が一切ないという。。食器は少しあり。
私が持参した年越しそば、調理できずに持って帰りましたよ。母のお餅は巨大なオーブンで焼いて食べることができました。

P1060533.jpg

そしてリバービュー35階からの眺めは素晴らしい。娘はこのカウチに寝転ぶと、空に浮いているみたい! と言ってました。

P1060540.jpg

P1060675.jpg

大都会バンコクでもこんなリゾート気分になれるホテル、なかなか良い選択でした。
category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS