年末年始プーケットのホテル

年末年始のプーケットは、ホテル選びに苦労しました。

まず、この時期のプーケットはハイシーズンでホテル料金が一番跳ね上がるってこと。
それと、強制参加の年末ガラディナーがあるってこと。

料金は仕方ないとして、問題は高額なガラディナー。
これがあるだけで、もう予算オーバーなのよ
現地の旅行会社に問い合わせてみると、ガラディナーのないところを
探すほうが難しいし、それを条件にするとホテルがかなり限られてしまうと
言われちゃいました。

ホテルのランクが上がると、ガラディナーの料金も上がっちゃうので
仕方ない、年末は安めのホテルにするかぁ・・と調べていたところ、
ガラディナーはあるけど、強制じゃないってところもぼちぼち出てきたのです。

そんなことをやっているうちに、母も一緒に行くことになって・・
ということはホテル代金が折半になるので予算もUPできる
と、決めたのがパトンのホリデイ・インリゾート。

ホリデイ・インリゾート パトン

最初はねー、いちばんの繁華街であるパトンを離れた静かなところが
候補だったのだけど、母も一緒となれば出歩くのに便利そうなパトンが
いいのかなーと思い。

ホリデイ・インは、かなり早い時期からどこの予約サイトを見ても
年末年始は満室で、予約受け付けてなかったのよね。
唯一、HotelTravel.comで空室があって、ややお高めだったけど予約しちゃいました。
HotelTravel.comはちゃんと日本語サポートがあって、問い合わせのメールにも
速攻返信してくれるし、好印象。

ベッドのリクエストや、ガラディナーのことは直接ホリデイ・インに
メールしてみました。予約サイトからの予約でも、直接ホテルにメール入れると
リコンファームにもなるし、安心できます
ホリデイ・インからの返信も丁寧で早い!! さすがです

ちなみにホリデイ・インのガラディナーは強制ではなく、1人4355バーツでした。
11,000円ぐらいかしらん。やはりお高いわ。。
わが家は参加せずの方向でおります。

マレーシア航空ゴールデンクラブクラスで帰国

最終日、マラリバーサファリロッジは15:00までの
レイトチェックアウトをお願いしておきました。
空港送迎のピックアップが16:00だったので、フロントに荷物を預け、
ピックアップの時間まで園内にいても大丈夫か確認すると
「ご自由にゆっくりどうぞ!」との心よいお返事

しばらく園内をブラブラしてたけど、ここまででもう見るところは見ちゃったので
やや時間を持て余し気味・・・。
予約する時に1泊か2泊かで迷ったんだけど、私的には1泊で十分だったわ。

P1010684.jpg

ここで娘の連れてきたわんこに新しいお友だちができました。
コロちゃん(娘命名)だそうです。
ぬいぐるみ類は結構安くて、コロちゃんも200円しなかった記憶が。

十分すぎるほどバリサファリを楽しんだら、バリともサヨナラです。
マレーシア航空ゴールデンクラブクラスで帰国しまーす!!

P1010685.jpg

デンパサール・ングラライ国際空港でチェックインの時に
プラダラウンジのチケットをもらいました。
中はガラガラ。料理もガラガラ(笑)。
それでもキンキンに冷えた生ビールをいただけるのはウレシイ
余ったルピアでフットマッサージ10分もできたし、
さー、あとはまたセレブ気分なビジネスクラスで帰るだけよん

P1010691.jpg

バリ - クアラルンプール間の機内食。

P1010689.jpg

娘のチャイルドミールは、エコノミーと同じかな。
フタはこんな飛行機のペーパークラフトになっていて、暇つぶしには持ってこい(笑)。

クアラルンプールの乗り換え時間は1時間30分ぐらいだったので、
ちょこっとお買い物しているとあっという間に搭乗時間になっちゃいました。

搭乗ゲートに行ったところ・・・がらーん。あれ・・人がいない??

うぎゃーーーー!!搭乗ゲートが変更になっておる

そういえば。飛行機を降りた時に何か英語で盛んにアナウンスしてたのは
このことだったのかもーーーー
慌てて変更になったゲートに向かうと長い列ができていて
ああ、最後の最後でやらかさなくてよかった。。

夜のフライトだったので、娘は機内食も食べずに爆睡。
フルフラットになるシートは本当に快適で。
スカイマイルは改悪で必要マイル数ががっつり引き上げられたので
ビジネスクラスに乗るのもこれが最初で最後かもしれませぬ

P1010697.jpg

そして最後の朝食。
爆睡していた娘のチャイルドミールは、持ち帰り用にと
提げ袋に入れて持ってきてくれました。
そんな気遣いもやはりビジネスクラスなんだわ。

スカイマイル特典でビジネスがとれて、
なんとなく今までと違う優雅(?)な旅となった夏のバリ旅行でした。
また行くぞーーーー!! バリ!!

さてさて。もう来週はのプーケットに出発ですよん。
この連休にパッキングせねば

バリ最終日はバリサファリで1日遊びまくり

マラリバーサファリロッジに1泊して、いよいよバリ最終日。
前日はウォーターパークで遊んだので、この日は朝からバリサファリを1日楽しみます!!

ライオンのいないライオンレストランで早めの朝食を済ませたので
朝、まだ人も少ない園内をブラブラ。

P1010624.jpg

園内は「バリらしさ」全開のつくりになっていて、
観光をしてこなかった私たち母娘はここぞとばかりに記念撮影です(笑)。

トラムに乗って動物たちを見るサファリジャーニーの第一便が
9:15ぐらいだったかな(記憶が曖昧じゃ)。
開始を待ってトラムに乗り込みまーす。

P1010606.jpg

バリサファリこんなに広かったのねー。
たくさんの動物たちに大興奮です。

01_20111214052244.jpg

次はアニマル・ショー。

P1010637.jpg

ステージだけじゃなくて、後ろの方から鳥が飛んできたり、
客席を蛇を持ったスタッフが回ったりと、思ってたよりずっと楽しいショーでした

P1010639.jpg

エレファント・ショーは大きな専用ステージで。
こっちは物語仕立てになっていて、自然破壊をしてきた人間に
追いやられた象が逆襲してきて・・というお話。

P1010653.jpg

最後は象に助けられて仲良く暮らすようになりました。
メデタシメデタシ・・ってところかな。
人間に撃たれて倒れたりとか、演技上手な象さんたちに拍手です。

P1010654.jpg

ステージの手前は川に見立てたプールになっていて、
そこを象たちがザブーンと泳いでいくのよー。ビックリ。

ここで良かったのは、動物たちに近くで触れたり一緒に写真を撮ったりできること。
よく写真は別途有料ですってとこ、あるじゃない。

このショーの後も、ステージに上がって象に触ったり、
スタッフがお客のカメラで写真を撮ってくれたりと大盤振る舞い。
もちろん、私たちも象さんとの3ショット撮ってもらいましたよん

他にもオランウータンとの記念撮影もありーの。

P1010631.jpg

お茶目なオランウータンは私の帽子をとって自分でかぶっちゃった

この記念撮影は宿泊とセットになってて、写真ももらえます。
昔、友人が新婚旅行の報告にこんな写真を送ってきたなぁ。
ん・・?あれはオーストラリアでコアラだったか・・。

そしてラクダに乗りーの。

P1010663.jpg

高かったなぁ。ラクダの背中。

P1010674.jpg

ラクダ乗りは1人300円ぐらい。
ぐるっと一回り3分ぐらいで終わっちゃいましたが(笑)。
ここでもスタッフにカメラを渡すとバシバシ写真撮ってくれます。

バリでサファリってのもどーなのと思ったけど、結構楽しかった
朝から夕方まで、大満足のバリサファリでした。

何もしないリゾートの旅 VS 世界遺産と古都の旅

今悩んでいます。ベトナム旅行。

ニャチャンのヴィンパールリゾート・ラグジュアリー。
専用車で空港にお出迎え、島に渡るときもホテル専用の船で。
島には遊園地やウォーターパークもあって利用料は全部込み、しかも3食付
この島の中だけで過ごせちゃう贅沢
1泊3万円ぐらい。

Vinpearl Luxury Nha Trang
このVinpearl Luxury Nha Trangの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています

Vinpearl Luxury Nha Trang
このVinpearl Luxury Nha Trangの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています

Vinpearl Luxury Nha Trang
このVinpearl Luxury Nha Trangの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています



対してこちらは。
海辺のホテルでリゾートを楽しみつつも、ちょい足を延ばせば世界遺産の観光もできるダナン。
1泊1-2万円予算で十分リゾートホテルに泊まれます。

ダナンの旅行ガイド
このダナンの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています

ホイアンの旅行ガイド
このホイアンの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています

ホイアンの旅行ガイド
このホイアンの写真はトリップアドバイザーから無料提供されています



うわーーーーーー!!

決められーーーーーん。


娘はきっとどこにも出ないで毎日プールで遊んでいたいんだろうな。
私はその名のとおりラグジュアリーなリゾートに滞在もいいし、
でもでも世界遺産の町にも行ってみたい。



さて、どちらを選びますか・・・・???
category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS