初の三世代旅行でプーケット、シンガポール経由で無事帰着

もうすでに書ききった気になっているプーケットですが(笑)。
いちおうシメということで。

母、私、娘の女だけ三世代、初の旅行。
年末年始の6泊、長かったようで終わってしまえばあっという間。

パトンではちょこちょこ使う分だけ両替していたのでタイバーツはほぼ使いきり。
それも時間があったのでプーケット空港のおみやげ屋さんをのぞいてみましたが・・・

P1020471.jpg

あっと驚きの空港価格
街のおみやげ屋さんでボッタクラれても、その方がよっぽど安いぐらいのお値段です。
空港での買い物は「どうしても」の時だけにした方がいいかと・・。

帰りもシンガポール経由で羽田へ。
私は乗り継ぎって結構好きなんですけどね
母はお金出してでも次は直行便がいいって言ってました

P1020478.jpg

P1020475.jpg

帰りの便は第3ターミナル発だったのでバタフライガーデンにも行ってみました。
約3時間の乗り継ぎ時間、空港内をブラブラして過ごしましたが、
チャンギ空港はこういった施設が充実していていいわぁ

母はこの旅行でプーケットがかなり気に入った様子。
日本に比べると物価は安いし、食べ物は美味しいし、治安も悪くないってことで、
「今度はじいちゃんも一緒に連れて行ってあげたい」だって。

母がいない年末年始、留守番だった父といまだ独身・実家住まいの弟の
オトコ2人組はコンビニ弁当の日々だったようです
でもその後、父はツアーでセブに行ってきたんだものね・・・自由だ。

00_20120617102420.jpg

そして旅の思い出は恒例のフォトブックに。
母にもプレゼントしたら、すごく喜んでくれました。

ホリデイ・イン リゾート プーケットの楽しいキッズアクティビティ

ホリデイ・イン リゾート プーケットでは
毎日キッズプールで子供用のアクティビティがありました。

P1010955.jpg

うちは今回、ばあちゃんと一緒の旅行だったので
キッズクラブには行かなかったのですが。
アクティビティはキッズクラブに行かなくても、誰でも参加できます。

日本人がいなかったのでビビって見ているだけの娘でしたが
プーケット最終日にやっと「やりたい」と自ら参加してきました。

IMG_0682.jpg

ボーイズチームとガールズチームに別れての対戦です。

IMG_0686.jpg

最初はレスキューゲーム。
浮き輪を投げて、順番に引き寄せていくゲームです。
こういう遊びだったら、言葉がわからなくてもみんなを見ていれば
やることがわかるもんね

そして次はリレー

IMG_0689.jpg

うわぁ。。。みんなクロールとか、上手に泳いでいるわ。

順番を待つうちの娘は・・・

バタ足しか出来ないハズ・・・大丈夫かよ

01_20120603213920.jpg

娘の番では私も思わず「ガンバレー!!」と応援しちゃいましたよ。
みんなが笑っていたのは・・犬かき混じりのバタ足のせい?!
それでもシッカリ泳ぎきりました

IMG_0691.jpg

ガールズチームの勝利です。
バンザーイ

一生懸命に泳いで、最後にはアイスキャンディをもらって娘も大満足
キッズクラブだと言葉の壁があってなかなか馴染めないのですが、
気軽にみんなと遊べるアクティビティっていうのはいいなぁと思ったのでした。

パトン周辺で行ったレストランその2 YOU&ME

こちらもパトンに滞在中、2回行ったレストラン。

YOU&ME

何か変な名前(笑)。

P1020446.jpg

ホリデイ・インのブサコンウィング側から出てすぐ向かいにあるお店です。
メニューも全て写真入りでとってもわかりやすいのが
写真がないと、娘とばあちゃんに私が説明してあげなきゃならないので
それだけでオーダーに時間がかかっちゃって疲れるのです
しかも思ったのと違うものが出てきちゃった、なんーて
海外ではありがちな心配もないし

何よりもこの辺りのレストランはスタッフがフレンドリーなのが楽しい。
ここのお店もお兄さんが私たちを覚えていてくれて
「おーい、また来たね」なんて声をかけてくれたので
つい入っちゃったわ(笑)。

P1020442.jpg

昼間は空いている・・というよりもガラガラ。
昼間は観光客もみんなどこかに出かけているのかな。

IMG_0661.jpg

こちらが夜。夜は店前にシーフードが並びます。
昼と違って夜はメチャ混みます。
混んでいるとなかなか料理が出てこないので要注意です。。

P1020435.jpg

娘のお気に入り、クィティオ。

IMG_0675.jpg

炒め物、春雨サラダ、サバイサバイに比べれば大味な感じだけどハズレはありません。
オイシイです


それと、これは娘の大のお気に入りとなったパンケーキ。
あちこちに屋台が出ています。

IMG_0693.jpg

この屋台は手で伸ばした生地を焼くタイプ。
他にクレープみたいに生地を薄く焼いているところもあったけど、
何となくこっちのほうが美味しい気がするのよね。

P1020400.jpg

見た目通り、あまーいあまーいお味ですが。
私も結構好きで、娘のをちょこっとつまんで食べてました

パトン周辺で行ったレストランその1 サバイ・サバイ

プーケットに行く前は食べに行きたいところを
いくつか調べていたけど、結局行かずに終わっちゃいましたねぇ

滞在中はわざわざどこかへ食べに出かけるってことはしないで、宿泊したホリデイ・インから歩いて行ける範囲で食事してました。
この辺りは食べるところはいくらでもあるし、
みんなお店の前にメニューを出しているので、それを見てから決めればOK。


サバイ・サバイ

ガイドブックにも載ってる有名店。
食べた中ではここのタイ料理が一番おいしいと、
みんな気に入って滞在中は2回ほど行きました。

P1010966.jpg

P1020465.jpg

グリーンカレー、鶏肉のバジル炒め。
グリーンカレーはどこで食べても大きくハズれないと思うけど、
ここのは味付けが繊細っていうのかなぁ。
それが母も気に入ってた理由らしい。

お店のおねーさんははものすごーく無愛想でしたが・・。

P1020467.jpg

娘はハンバーガー(笑)。
あ、でもプーケットのレストランで食べたハンバーガーは意外にも美味しかったのです。
パンはフカフカ、パテはジューシー

少し遅いお昼に行った時は空いていたのだけど、夜は激込み
まわりのレストランはそうでもないのに、ここだけ列ができてました。
回転が早かったので、そう待たずに入れたけど、
やっぱり混んでいると落ち着いて食事できないものね・・。

1/1だったかなぁ。
行ったらお休みだった時があって、真向かいにあるレストランに入りました。
メニューはほぼ同じようなタイ料理+ハンバーガーやサンドイッチ。

IMG_0628.jpg

ここでもグリーンカレーをオーダー。
母は普通の麺かと思って頼んだのが春雨だったのでガックリ。
よく見たら「glass noodle」って書いてあったわ
後で調べると、春雨じゃなくて極細の麺だったようです。

味も悪くないのに、サバイ・サバイに比べるとお客の入りが悪いのです。
それだけサバイ・サバイが人気店ってことかしら。

チャーターで廻るプーケット観光 プロンテープ岬・シャロン寺院へ

この日は朝から雨でお天気が心配だったのですが・・・

P1020363.jpg

カラッと晴れ上がって、これぞ乾季
とーーーってもいいお天気になりました!!
プーケット最南端のビュースポット、プロンテープ岬。
最高の眺めです。

P1020369.jpg

でも娘と母の感想は・・

「ものすごく暑かったよね、ここ」

って・・そんだけかい


めげずに次に行きます。

プーケット最大の寺院、シャロン寺院です。
娘はお疲れモード、もちろん寺院なんかに興味のカケラもないので
車でお休み チャーターってこういう時に便利なのよね。

こちらがシャロン寺院の本堂。

P1020379.jpg

中は参拝中の方たちが多くて神聖な雰囲気。
ノッチが参拝はしてもしなくてもOKというので私たちは見学だけでスルー。

P1020397.jpg

見て見てこのすっごい青空。
まるで絵ハガキみたいじゃないの。

ここでノッチ(ガイドさん)が母と私の記念写真を撮ってくれました。
母とツーショットで写真を撮るなんて・・・
何年ぶりなんでしょうか。めっちゃ恥ずかしかったんですけど。

P1020388.jpg

外観に負けず中もキンピカゴージャス


ひととおり観光を終えるとノッチが「お土産屋さんに行きましょう」と言う。

キタっっ!!
恒例、ガイドさんマージン稼ぎのお土産屋さんまわり。

普段は断るんだけど、母が行きたがるのよね
そうなると気になるのは時間。
旅行会社からは「5時間を少しでもオーバーすると追加料金になります」と言われていたの。
でも「少し時間を過ぎても追加料金なしで大丈夫」ってノッチが言うので、行くことにしました。もうね「追加料金は本当にナシでいいのね?」って途中でシツコイぐらいに何回も確認しちゃいました(笑)。

お土産屋さんではもちろん日本語も通じるし、
何よりも母が喜んで買い物していたのが良かったかな。

「オバチャンたちのツアーでこういうお土産屋さんに行くと、
みんなもっと連れてってくれーってガイドさんに頼むぐらいだよ」と母。

マジすか。そりゃー、ガイドさんも喜ぶでしょうよ。

その後はスーパーでお買い物などなどして、ホテルに帰りました。
渋滞もあって結局1時間ほどオーバー
象乗りからはじまって、結構濃い1日でしたが
チャーターのおかげで無理なくまわれた気がします
category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS