マレーシア航空ゴールデンクラブクラスで帰国

最終日、マラリバーサファリロッジは15:00までの
レイトチェックアウトをお願いしておきました。
空港送迎のピックアップが16:00だったので、フロントに荷物を預け、
ピックアップの時間まで園内にいても大丈夫か確認すると
「ご自由にゆっくりどうぞ!」との心よいお返事

しばらく園内をブラブラしてたけど、ここまででもう見るところは見ちゃったので
やや時間を持て余し気味・・・。
予約する時に1泊か2泊かで迷ったんだけど、私的には1泊で十分だったわ。

P1010684.jpg

ここで娘の連れてきたわんこに新しいお友だちができました。
コロちゃん(娘命名)だそうです。
ぬいぐるみ類は結構安くて、コロちゃんも200円しなかった記憶が。

十分すぎるほどバリサファリを楽しんだら、バリともサヨナラです。
マレーシア航空ゴールデンクラブクラスで帰国しまーす!!

P1010685.jpg

デンパサール・ングラライ国際空港でチェックインの時に
プラダラウンジのチケットをもらいました。
中はガラガラ。料理もガラガラ(笑)。
それでもキンキンに冷えた生ビールをいただけるのはウレシイ
余ったルピアでフットマッサージ10分もできたし、
さー、あとはまたセレブ気分なビジネスクラスで帰るだけよん

P1010691.jpg

バリ - クアラルンプール間の機内食。

P1010689.jpg

娘のチャイルドミールは、エコノミーと同じかな。
フタはこんな飛行機のペーパークラフトになっていて、暇つぶしには持ってこい(笑)。

クアラルンプールの乗り換え時間は1時間30分ぐらいだったので、
ちょこっとお買い物しているとあっという間に搭乗時間になっちゃいました。

搭乗ゲートに行ったところ・・・がらーん。あれ・・人がいない??

うぎゃーーーー!!搭乗ゲートが変更になっておる

そういえば。飛行機を降りた時に何か英語で盛んにアナウンスしてたのは
このことだったのかもーーーー
慌てて変更になったゲートに向かうと長い列ができていて
ああ、最後の最後でやらかさなくてよかった。。

夜のフライトだったので、娘は機内食も食べずに爆睡。
フルフラットになるシートは本当に快適で。
スカイマイルは改悪で必要マイル数ががっつり引き上げられたので
ビジネスクラスに乗るのもこれが最初で最後かもしれませぬ

P1010697.jpg

そして最後の朝食。
爆睡していた娘のチャイルドミールは、持ち帰り用にと
提げ袋に入れて持ってきてくれました。
そんな気遣いもやはりビジネスクラスなんだわ。

スカイマイル特典でビジネスがとれて、
なんとなく今までと違う優雅(?)な旅となった夏のバリ旅行でした。
また行くぞーーーー!! バリ!!

さてさて。もう来週はのプーケットに出発ですよん。
この連休にパッキングせねば

バリ最終日はバリサファリで1日遊びまくり

マラリバーサファリロッジに1泊して、いよいよバリ最終日。
前日はウォーターパークで遊んだので、この日は朝からバリサファリを1日楽しみます!!

ライオンのいないライオンレストランで早めの朝食を済ませたので
朝、まだ人も少ない園内をブラブラ。

P1010624.jpg

園内は「バリらしさ」全開のつくりになっていて、
観光をしてこなかった私たち母娘はここぞとばかりに記念撮影です(笑)。

トラムに乗って動物たちを見るサファリジャーニーの第一便が
9:15ぐらいだったかな(記憶が曖昧じゃ)。
開始を待ってトラムに乗り込みまーす。

P1010606.jpg

バリサファリこんなに広かったのねー。
たくさんの動物たちに大興奮です。

01_20111214052244.jpg

次はアニマル・ショー。

P1010637.jpg

ステージだけじゃなくて、後ろの方から鳥が飛んできたり、
客席を蛇を持ったスタッフが回ったりと、思ってたよりずっと楽しいショーでした

P1010639.jpg

エレファント・ショーは大きな専用ステージで。
こっちは物語仕立てになっていて、自然破壊をしてきた人間に
追いやられた象が逆襲してきて・・というお話。

P1010653.jpg

最後は象に助けられて仲良く暮らすようになりました。
メデタシメデタシ・・ってところかな。
人間に撃たれて倒れたりとか、演技上手な象さんたちに拍手です。

P1010654.jpg

ステージの手前は川に見立てたプールになっていて、
そこを象たちがザブーンと泳いでいくのよー。ビックリ。

ここで良かったのは、動物たちに近くで触れたり一緒に写真を撮ったりできること。
よく写真は別途有料ですってとこ、あるじゃない。

このショーの後も、ステージに上がって象に触ったり、
スタッフがお客のカメラで写真を撮ってくれたりと大盤振る舞い。
もちろん、私たちも象さんとの3ショット撮ってもらいましたよん

他にもオランウータンとの記念撮影もありーの。

P1010631.jpg

お茶目なオランウータンは私の帽子をとって自分でかぶっちゃった

この記念撮影は宿泊とセットになってて、写真ももらえます。
昔、友人が新婚旅行の報告にこんな写真を送ってきたなぁ。
ん・・?あれはオーストラリアでコアラだったか・・。

そしてラクダに乗りーの。

P1010663.jpg

高かったなぁ。ラクダの背中。

P1010674.jpg

ラクダ乗りは1人300円ぐらい。
ぐるっと一回り3分ぐらいで終わっちゃいましたが(笑)。
ここでもスタッフにカメラを渡すとバシバシ写真撮ってくれます。

バリでサファリってのもどーなのと思ったけど、結構楽しかった
朝から夕方まで、大満足のバリサファリでした。

ウォーターパークとサヴォ・ライオンレストラン@バリ・サファリ

マラリバー・サファリロッジの宿泊にはバリ・サファリの入場や
動物との記念撮影、サファリツアーなどがセットになってます。
1泊だけど翌日15:00までのレイトチェックアウトで予約していたので、
ゆーっくり園内を見る時間がありました。

この日はバリ・サファリ内にあるウォーターパークへ。
ここの入場料は含まれていなかったので、50,000ルピア払って入場。

P1010565_20111127125312.jpg

こんなの見たら、そりゃ行きたくなっちゃうでしょ。

P1010566_20111127125431.jpg

まあ、それも想定内。
泊まるんだからサファリは翌日にすればいいもんね。

マラリバー・サファリロッジの方には宿泊者用プールがあって、
私としてはそっちにも行ってみたかったけど、
私たちの部屋からは離れていたので結局行かずじまいでした。

夕方まで思う存分遊んだら次は。
夜のサファリをジープで回る「ナイトサファリ」に参加したいと
娘が言うのでレセプションで聞いてみました。

が、「今日は予約でいっぱいです」との応え

もっと早くに聞いておけばよかったよ。。
仕方ないので、サヴォ・ライオンレストランで夕食にしました。
食事をしながらガラス越しにライオンが見られるレストランです。

P1010578.jpg

夜見るライオン、カッコイーぞ

P1010575.jpg

私のサーモンサラダは美味しかったわ。80,000ルピアぐらいだったかな。
ウェスティンに比べたら安いっす。
娘のカルボナーラは・・・うーん、娘はおいしいって食べてました(笑)。

ライオンレストラン、混んではいなかったけど、窓際のいい席は埋まっていたので
「そっか、予約しとけばよかったんだ」とやや後悔。
バリについてはかなり調べて行ったつもりだったんですけどねー。
ここ、バリサファリに限ってはリサーチ不足だったみたい。

そして、リサーチ不足の極めつけは翌朝。

P1010588.jpg

「いい席でライオンを見るぞー」とハリキッて朝いちでレストランへ。
マラリバー・サファリロッジの朝食はライオンレストランで食べられるのです。

おおっ!! 一番乗りー


ところが・・。



ライオンがいない



P1010591.jpg


ライオン出てこーい(BY 娘とわんこ)。

「ライオンはまだそこの穴の中で寝てるんだよ」
とスタッフが案内してくれたこのテーブル、ライオンに一番近いある意味特等席・・?
しかしいくら見ていても、ライオンは穴から出てきませんでした

ライオンがいなければここもただのレストラン。
しかも朝食ビュッフェはハッキリ言って美味しくないし。
今になればライオンが出てくる時間を確認して出直せばよかったとか、
あーしたらこーしたらとか思うんだけど、この時は何も考えられず・・

ま。旅にはこんなこともよくあるってことで


朝の遅いライオンさんたち、この後行ったサファリツアーで車から見た時も
全くヤル気なし。。

P1010622.jpg

だらーん。

ライオンレストランでの朝食は、ちゃんとライオンが出てきているかどうか
確認してからにしましょう・・・ね。

バリ島最後のお宿 マラリバー・サファリロッジへ

長々と続いたバリ島旅行記、やっと終わりが見えてまいりました。
ヴィラ・アイル・バリを12:00にチェックアウトして、
次はバリ島で最後となるマラリバー・サファリロッジです。

マラリバー・サファリロッジはバリサファリの中にあるホテル。
バリサファリは日帰りツアーでも行けるけど、
今回はホテルやヴィラをゆっくり楽しむ旅だったし、
どうせなら最後はここに泊まっちゃえ、とオマケ的にくっつけたのでした。

今までバリらしいところにはどこも行かず、
最後にサファリってのもどうなのって思いますが(笑)。



泊まったのは1階の「スワラ デラックス」。
いちばん安いカテゴリーのお部屋です。

P1010560.jpg

ウェスティンとヴィラ・アイルが素敵だっただけに落差が気になりますが
まあ、簡素なのはお値段なりってことで。


それでもここは。


大人も子どもも絶対にワクワクしちゃう、
ベランダに出るだけでサファリの中にいるようなこの風景があるのです。

P1010562.jpg

サイです。

IMG_3011.jpg

手乗りサイも撮りたくなります(笑)。
娘が自分で撮影。

P1010597.jpg

翌朝にはシマウマもやってきました
エサのニンジンがお部屋に置いてあったけど、遠投力がない私と娘では
全く届く気配もなく、あえなく手前の川に落下。。

P1010680.jpg

象乗りの皆さんもやってきます。
ここは象さんの水飲みエリアになってるのね。

娘はもちろん「象に乗りたいよー」と言ってましたが。
うーん。残念だったな。1泊プランに象乗りはついてないのだよ。
別途お金払うってことね。

「象はプーケットでね」と娘に言い含め、今回は象乗りナシで。
そう、今年の年末年始、プーケットに行くんです。私たち(笑)。
既にこの時には航空券も手配済みだったのだわ。

P1010554.jpg

途中でワルンに寄ってもらって、買ってきたお昼ごはん。
結局、ここまで一度もワルンに行くことができなかったので
せめて最後に持ち帰りで。

鶏肉の揚げたのをサンバルで食べるみたいなのを注文したんだけど、開けてビックリ。
鶏肉は1本だけであとは生野菜のブツ切りとは思わなんだ
娘は自分で頼んだナシゴレンが辛くて食べられず、
「このチキンおいしい」って、全部とられました。。
でも、ついてきたサンバルはめっちゃ美味しくって、
これだけで白飯食べられるって感じでした。

歩けなかったよスミニャック・・。

新しく移ったお部屋、改装されたのはバスルームだけなんだけど、
プールの形が前のお部屋とは違っていました。

P1010506_20111106181157.jpg

前のお部屋はこのまるーい部分がなくて、長方形だったのね。
娘はこのまるいスペースをかなり気に入りまして。

P1010545.jpg

ヴィラで借りた浮き輪でご満悦

P1010532.jpg

各お部屋にはミネラルウォーターのサーバーもあるし、
冷蔵庫の中の飲み物も全て無料
ビンタンも2本入ってるのが嬉しいじゃないの。
お部屋に置いてあるスナック菓子と一緒に、毎日しっかり2本いただいてました。

ウェルカムフルーツのマンゴスチンは、冷やして食べようと思って
冷蔵庫に入れておいたのだけど・・。
翌日、冷蔵庫の中で沢山のアリさんがお亡くなりになっておりました
マンゴスチンのヘタ(?)の裏側に入り込んでいたらしく。
オープンリビングのフルーツには気をつけましょう・・。

P1010519.jpg

さて。アフタヌーンティーをいただいたら、
予約しておいたヴィラの車でスミニャックの街へ行きます。
到着日はチャータだったので、バリに来て初めての街歩きです
ビンタンスーパーマーケットでドロップオフしてもらいました。
ここで買い物して、後はその辺のお店を見たり、
お洒落なカフェでお茶したりしちゃったりするのさ

という予定だったのです。最初は・・・。

P1010522.jpg

ここのスーパーに小一時間ぐらいはいましたねー。
私たち、バリに着いてから、ほとんどどこにも出かけてないもので(笑)。
お土産やら、バリの調味料やら、ついいろいろ買いまくってしまい、
思ったよりも大荷物になってしまいました

こんなことなら買い物は後にすればよかった。
仕方なく大きなレジ袋を両手に下げ、歩き始めたものの・・。

車は渋滞、そこをバイクがガンガン走ってきて、
のんびりお店を見てまわるような雰囲気もなく、道だって渡れたもんじゃない。

P1010524.jpg

娘は「帰りたい・・」と言い出したけど、
私はせっかく出てきたんだから「もうちょっと歩こうよ」と言って
しばらく歩くも・・・


バイクが後ろから歩道を走ってくるーーー!!


コワイよーーーー

娘よ、ゴメン。ママが悪かった。キミの言うとおり、もう帰ろう。


ああ。バリに来てリゾートに浸りすぎちゃったのか、
軟弱な母娘は街を歩くことも出来ずに、タクシーをひろって退散


そしてこの日、再び出かけることもなく、お部屋で夕食をとったのでした。

次にバリに行くときは、ガシガシ街に出ていけるようになりたいものです
category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS