ベトジェットエアで国内線ホーチミン - ダナン間の予約を変更する

あっという間に過ぎ去ってしまったゴールデンウィーク、5連休。皆さま、いかがお過ごしでしたでしょうか。

私は掃除、洗濯、食事の用意に後片付けと、日常の繰り返しでした。それでもまだまだ片付かないなあ。。家事ってなんてエンドレス。



さて。
随分引っ張ってきましたが、何とか終わりを迎えそうな昨年夏のベトナム旅行記の続きです。

帰りははダナン - ホーチミンをベトジェットエアで移動、ホーチミンで1泊して翌朝ベトナム航空で日本に戻るというスケジュール。

ここでひとつ問題が。ダナン発11:50の便を予約していたのですが、日本出発の数日前になって復路の出発時間が15:10に時間変更になるというメールが届いたのです。
ホーチミンでは最後に買い物しようと思っていたので、11:50が15:10って・・・ここで3時間も遅れると結構厳しい。

通常だと予定変更はできないチケットなんだけど、時間変更はベトジェットの都合なんだから前の便に変更できるんじゃないかな。でも、ベトジェットの問い合わせ先はベトナムの電話番号のみなんだよねー。。
とりあえずホーチミンで搭乗の時に、カウンターで帰りの便の変更ができるかどうか聞いてみよう。帰りは6日後だし、何とかなるんじゃないの。

しかし。ホーチミンのチケット購入カウンターで帰りの時間変更ができないか聞いてみるも


何て言ってるかわかんない・・・(汗)


こっちの言ってることは通じてるし、ここでは変更できないって言ってるのもわかるんだけどその先が。。
「ここではできないから◯□△※・・・・・・・」ダナンに着いたらどーたらこーたら、って言ってるような気もするけど、聞き直しても肝心なところがほぼ聞き取れず。

・・・・まあ・・・いいか。エエナホテルに着いたらご主人に頼もうっと。うん。
と、ベトナム人のご主人にお願いしてベトジェットエアに電話をしてもらいました。

すると、予約変更をするには予約時に登録した電話番号から電話する必要があると言われたとのこと。

私の携帯か・・・。
海外に出た時は、スマホの機内モードをオンにしてwi-fiを使用している私。お金のかかる電話回線は繋ぎたくないんだけど、仕方ないなあ。。通話ができるように設定して、私の携帯から改めて電話してもらいました。

通話料は後で確認したら400円程かかっちゃったけど、無事に手数料なしで11:10という前の便に変更することができました。変更後のEチケットはその後すぐにメールで送られてきました。
思うに・・今どきの海外旅行にネット環境は必須ですね。メールと電話がなかったら予約の変更もできなかったもの。

当日は送られてきたメールをスマホ画面で提示してチェックイン。カウンターで荷物を預けて搭乗券をもらいます。

IMG_2260.jpg

ダナン空港はホーチミンと比べて広くて綺麗だし、人も多くないのでチェックインも楽ちん。LCCと言ってもベトナム航空のチェックインと別段変わりはない感じ。

IMG_2262.jpg

派手派手のペプシの広告がベトジェットの赤と似合ってる。往復とも大きな遅延はなく、快適でした。


☆航空券の購入はこちら
ベトジェットエアでベトナム国内線航空券を買う

☆往路の搭乗はこちら
意外に快適、ベトジェットエアでホーチミンからダナンへ

ホイアンでプライベートクルーズ&初めてのカヤック体験

旅行中はどこへも行かず、ひたすらホテルでのんびりな私たち母娘。ホイアンで唯一行ったオプショナルツアーがホイアン チックホテルのクルーズでした。

私たちが参加したのはホテルのオプショナルツアー。ホイアンのクルーズはいろいろあるんだけど、私が惹かれたのはホテルで所有する「チックボート」。

だって、内装がこーんなに可愛いボートなんだもの!

P1060055.jpg

P1060076.jpg

このボートを2人で貸し切りのサンセットクルーズ。船着場までのジープ送迎、フィンガーフードと飲み物付き、英語のガイドで1人41ドル(2014年の8月の料金です。変わっている可能性あり)。
ベトナムにしてはややお高めの料金設定。
私たちはそこにカヤック体験をプラス10ドル/人でつけてもらいました。このツアー以外はどこにも行かないからね。フンパツしました。

P1060050.jpg

ホテルを出たのが15:00過ぎぐらい、まだ日が高いうちからクルーズに出発。

P1060074_20150504125021f41.jpg

ホイアンの町並みを抜けて

P1060082.jpg

工事中の大きな橋を過ぎると

P1060089.jpg

フィッシングビレッジが見えてきます。

P1060086.jpg

プライベートだからガイドさんがつきっきりで英語で一生懸命説明してくれるんですが…全ては理解できず。。。スミマセン(汗)。。あとね、理解できても英語で反応するのが難しいね。あはは。
でも、今は絶賛英語勉強中だから。今年の私は違うハズだわ! きっとね!!

P1060080.jpg

のんびりムードでいいんですけどね。何もしないで風景を見てるだけのクルーズだから、折り返し地点になるとそろそろ飽きが・・。娘なんかベッドでずっとお休みになっておりました。

さて、そんな頃。

やっとカヤックの時間となりました。私も娘もこれがカヤック初体験。どうなることか、ちょっとドキドキ。
船からおろしたカヤックに2人で乗り込みます!

P1060092.jpg

いやー。

カヤックって簡単に見えてたんですけどね。
思った以上にむずかしいっす。

最初はどっちに行くのか全くわからずあっちへフラフラ、こっちへフラフラ。
おまけにものすごい浅瀬なので、度々乗り上げてカヤックが動かない状態に。ガイドさんに何度も引っ張ってもらいました。

RIMG0116.jpg

明らかにライフジャケットが大きすぎる娘(笑)。

RIMG0118.jpg

日が沈みかける頃には、カヤックの上から夜と昼が交じり合うような不思議な夕景が見られました。

RIMG0121.jpg

カヤックの操作にもやや慣れ、最後はなんとかボートに戻ることもできました。ホッと一息。
後はボートで調理されたイカやエビの揚げ物などなどつまみながら、最後の時間を楽しみます♪

P1060096.jpg

スイカジュース一気飲みしたんだよね。私。グラスが空だわ。

P1060106.jpg

P1060110.jpg

辺りもすっかり暗くなり、船着場の明かりが見えてたらクルーズも終了。
娘はこのベトナム旅行で一番楽しかったのがクルーズだったそうです。

一度はやってみたかった、ホイアンでサイクリング

欧米人旅行者が多いホイアン。
無料で自転車を貸し出しているホテルも多いので
サイクリングする欧米人をよく見かけます。

そんな欧米人に憧れ、私も一度やってみたかった、
ホイアンでのサイクリング。
ホイアンシックホテルも無料で自転車の貸出をしてくれます。

嫌がる娘を連れだして、さあ、目的地はビーチ!

P1060034.jpg

と決めてはみたものの。


いったいビーチはどこなのか。
1本道だから間違ってはいないんだけど、距離感がないので道のりが妙にながーく感じられます。
車の通りもあるし、日差しはだんだん強くなってくるしで、楽しいはずのサイクリングが…うーん、こんなハズじゃなかった感でいっぱいに(笑)。


自転車をこぐ事およそ15分といったところでしょうか。
ビーチ着いたーーーー!!!

P1060020.jpg

母「せっかく来たんだからさ、ちょっとビーチ散歩していこうよ」
娘「いやだ(怒)」

P1060021.jpg

そ・・・そうですか。即却下ですか。
いいのいいの、目的はサイクリングであってビーチじゃないからね。

ということで、リゾート感あふれるビーチをただ見ただけでUターン。

P1060024.jpg

ビーチでは自転車はちゃんと駐輪場に停めなちゃいけないみたいでした。有料だったのかな。

P1060029.jpg

P1060036.jpg

来る時は写真なんて撮ってる余裕もなかったのね。帰り道は休みながら、写真を撮りながら。
それにしても、ますます暑くなってきたので急いで帰ります。ベトナムの日中の日射しは殺人的だから。

P1060032.jpg

P1060030.jpg

そして、気づくとホテルに曲がる道を通り越していました。
だってだって、不安な気持ちでいっぱいだった往路と来た道を戻ればOKの復路、同じ距離なのに復路の方が断然短く感じちゃうんだもの。

P1060037.jpg

引き返し、ホテルへの道をみつけて怒りながら猛ダッシュの娘。
木が生い茂る道はまるでジャングル。

P1060040.jpg

そして、やっとホテルにたどり着いてひと休み。

想像とは大分かけ離れたものだったけど、一応目的は達成。
とりあえずは満足の母でした。

ジープ送迎で世界遺産ホイアンへ その2 カーゴクラブ

せっかくホイアンの街に来たので、軽く夕ごはん。
いつもふらっとその辺りのお店に入ったりしているので、今回はホイアンの有名店、カーゴクラブに行ってみました。ここならハズレはないでしょ。

P1050924.jpg

ベトナム、というよりもレトロな洋風って感じの店内。

P1050952.jpg

1階が喫茶、2階がレストランになっているようです。
私たちは軽く済ませたかったので1階にしました。2階は予約で結構埋まってたみたい。

P1050948.jpg

娘はオレンジジュース、私はあまーいアイスコーヒー。

P1050951.jpg

ごくごく普通のBLT。これならカーゴクラブじゃなくてもよかったのかも(汗)。
私はベトナム料理っぽいものを食べたかったんだけど、1階のメニューにはサンドイッチとか、パスタとか、西洋料理の軽食しかなかったのです。うう、リサーチ不足。
2階だったらベトナム料理が食べられたはず。

P1050956.jpg

半分にカットをお願いしたのに、そこにあるナイフで自分で切れと言われました…。素っ気ない態度でサービスもいまひとつ。

帰りもホテルのピックアップを予約してあったので、早々に店を出てぶらぶら歩きながらピックアップの場所まで向かいました。

P1050972.jpg

P1050958.jpg

ホイアンはランタンの灯る夜になるとますます活気を増し、川沿いの道にはいろんな路上店が出てきます。子どもの売り子もわりといて、子を持つ親としては何となく複雑な気分なんだなあ。

P1050960.jpg

ホーチミンでもあちこちで見かけた切り絵のカード。
ホイアンでも売ってました。

ジープ送迎で世界遺産ホイアンへ その1

Hoi An Chic Hotelはホイアン市街地から離れた場所にあるので、
1日に何回か無料送迎があります(要予約)。
送迎はジープ!

P1060136.jpg

事前にサイトでジープ送迎を知り楽しみにしてたんですが、
実際乗ってみると

P1050909.jpg

乗り心地、悪っっ(笑)。
4人しか乗れないし、オープンなので埃っぽいし。
思ったよりいいもんじゃないですね(笑)。

P1050911.jpg

ホイアンの街中は車は入れないので、車が入れる範囲で下ろしてくれます。迎えも同じ場所。
ホイアンも3回目ともなると、大体何がどっち方面にあるのかわかってきますね。

P1050912.jpg

この道、去年も通ったよね。とか。

P1050914.jpg

観光名所、日本人橋。ちゃんと写真撮ったのは初めてかも。
いくつかの名所に入場できる観光チケットなるものも売っているのですが、私たちは買ったことがありません。娘がね…興味を持ってくれるようになったらそんな観光もしようかな。あはは。

P1050916.jpg

P1050920.jpg

何度来ても、どこを撮っても、ホイアンの街は雰囲気があって素敵。
相変わらず観光客はかなり多いけど。

P1050929.jpg

過去にホイアンは昼も夜も来てますが、ランタンが灯り始める夕暮れ時が一番綺麗かも。
この写真が今回のお気に入りベストショット。

P1050936.jpg

P1050943.jpg

過去にも2回、ホイアン市街地に行ってます。
いずれも短時間の観光で大したこと書いてませんが、まとめました。

2013年8月
リベンジなるか。世界遺産ホイアン再び。
ホイアン 川に浮かぶお船のカフェで初めてのベトナムコーヒー
世界遺産ホイアンをシクロで観光

2012年8月
世界遺産の街、ホイアンで三大名物を食べる
世界遺産ホイアン夜の街を歩く
category
recent entries
comments
profile

KANA

Author:KANA
働くシングルマザー。
娘と2人で旅行するのが何よりの楽しみ。

archives
links
ranking

FC2Blog Ranking

RSS